わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



真理は常に語られるべきものにあらず
  ある善良なる将棋ファンから次のような質問がございました。
 
 「私は子供将棋教室を開催している普及指導員です。級位者の子供たちへ穴熊の優秀さを教え、穴熊をするように奨励しているのですが、なかなか穴熊のよさをわかってもらえません。子供たちは「穴熊をするとボロボロに負ける」と思いこんでいるようです。どうしたら子供たちが穴熊を好きになるでしょうか。ぜひともご教示下さい。」

 わたくしは「穴熊はズルであり、禁止されるべきである」と考えており、よって子どもにこれを教えるなどもってのほかであると考えております。したがって、「穴熊の優秀さを教え」たいという点について私にはそもそも異議があるわけではございますが、今回はその点はおいておくとして、真理を教える際の考え方について、若干ふれさせていただきます。

 将棋を覚えてから「ズル熊はズルである」という真理に到達するまでには、それなりの時間がかかります。本人の努力も必要でありましょう。将棋を覚えたての子どもに「ズル熊はズルである」といきなり説いても本人は何のことやら分からないでありましょうし、分からないものを教えてもそれは押しつけでありますし、真の教育にはなりえないでありましょう。人間にはそれぞれの発達段階というものがございます。我々にできることは、子どもたちが真理に到達することを支援することなのであります。かような意味において、真理は常には語られるべきものではないのであります。また、我々も、子どもたちや同志とともに学ぶことによって、「ズル熊はズルである」との確信をますます強固なものとすることができるのであります。わたくしは、「ズル熊がズルである」との真理を発見したことを幸福に思います。そうしてこの道を生涯同志と共に歩むこととなるでありましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!
 革命未だならず、同志奮起せよ!!!!!!!!
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/89-e43a2bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)