わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



広瀬五段はズル熊ゲームのスペシャリストである
 わたくしは本日、久しぶりにNHK杯戦を観戦いたしました。すると、中田七段の三間飛車に糸谷五段のズル熊。「またズル熊か」とうんざりいたしましたが、中田七段がこれをどう成敗するかに興味を覚え、注意深く観戦することといたしました。すると、糸谷五段が角を出たり引いたりとまるで初心者のようなヘボ手順で手損を重ね、中田七段の優勢は明らかでありました。こうしたつまならい展開を見ていると眠くなり、わたくしは不覚にもソファーの上でうたた寝をしてしまったという次第であります。そしてふと起きあがると、なんと将棋が終わっており、しかも糸谷五段の勝ちとなっているではありませんか!わたくしはズル熊のズルさとこれを成敗することの必要性、さらにはこれを即時全面禁止とするために運動を強めなければならないという決意をあらたにいたしました。この未曾有の不景気の中、新聞社が契約金を減らしたという話も耳にいたします。しかしながら、これはたんなる不景気のせいではございません。ズル熊が蔓延してくだらない将棋だらけとなった結果、新聞社も将棋を見限りつつあるという現れなのであります。このままズル熊を野放しにするならば、不景気を口実に契約金を減らす動きが一気に加速する恐れがあります。今こそ、ズル熊の全面的即時禁止を断行すべきことを強調させていただきます。

 さて、本題に移ります。最近、広瀬五段が振り飛車ズル熊を駆使して活躍していることに関し、「加藤名人万歳はこれをどう評価するのか」という趣旨のお尋ねがございましたので、わたくしの考えを述べさせていただきます。問題は簡単であります。広瀬五段はたしかにズル熊のスペシャリストであり、この点については高く「評価」してよいものと思われます。しかし、これはあくまでもズル熊ゲームという将棋とは別のゲームの話であって、将棋そのものについては全く評価に値しないと言えましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/85-4ff4f0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)