わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



不機嫌中飛車など角交換振り飛車粉砕に総力を結集しよう!
 鈴木八段が角交換振り飛車の本を出しました。その中で、角交換振り飛車をすれば棒銀や山田流などの急戦定跡を一切覚えなくてよいと書いています。このような不当な考え方が蔓延するならば、加藤名人が幾多の苦難を乗り越えて築き上げてきた急戦定跡の成果は、すべて水泡に帰することになりかねません。急戦定跡は今や将棋における文化といってもよく、振り飛車と対峙する正義の定跡といってもよいものであります。急戦定跡が死滅するようなことがあれば、ズル熊党がさらに増殖し、どこを見てもズルだらけとなり、さらにはすべての将棋が相ズル熊となり、最終的にはすべての将棋は千日手となって将棋は死滅することとなります。したがって、この本に書かれていることは、将棋を衰退に導くものと言わざるを得ず、わたくしは厳しくこれに抗議するものであります。

 とはいえ、わたくしは鈴木八段を断罪するつもりは毛頭ございません。鈴木八段は、彼なりにファンのことを考えて、歯切れのよいことを書いたのでありましょう。問題は、これがズル勢力とこれに対抗する我々に及ぼす影響であります。ズル勢力は、相手が急戦党であると見るやいなや、不機嫌中飛車を含む角交換振り飛車ばかりやってくることでありましょう。そうすると、将棋は持久戦調となりやすく、急戦党が力を出しにくい展開となりがちであります。そうした中で、ズル熊に手を染める急戦党が今後さらに増加し、将棋の衰退がさらに加速することになりかねません。我々はもはや、角交換振り飛車を非難するだけで終わっているわけにはまいりません。不機嫌中飛車など角交換振り飛車粉砕に総力を結集することによって、将棋を再びあるべき姿に戻さねばなりません。

 わたくしたちは原点に立ち戻らねばなりません。原点とはすなわち、加藤一二三名人の教えであります。加藤名人は早々と飛車先を2五歩・3三角(8五歩・7七角)と決めてしまっております。我々はさらにこれに工夫を加え、飛車先を決める一方で角道を開けないようにいたします。そうすればさすがのズル勢力も、角交換はできないという次第であります。しかるのちに左銀を繰り出して急戦を見せれば、振り飛車側の角頭の弱さがさらに助長されることでありましょう。みなさんにも是非この作戦をお試しいただきたいものであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!
 革命未だならず、同志奮起せよ!!!!!

 

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

角道を開けずに2五歩を決めるなんて気合負けだよ。森内名人も「そんな姿勢じゃプロとして活躍できない」と言ってたしね。18世名人だからすごい人なんだよ。角交換穴熊もやろうよ。大丈夫、キミはきっと成長できるよ。
【2009/05/03 00:48】 URL | 青木 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/84-09d203b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)