わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王戦の真実
 竜王戦7番勝負は、3連敗の後4連勝で渡辺防衛となりました。わたくしはこの結果が大変意外であります。まさか羽生名人が4連敗と喫するとは!このシリーズは、世代交代の一つの大きなきっかけとなりそうであります。そして、将棋界は、ますますもってズルの支配が強まることでありましょう。羽生名人の責任は大であります。

 この問題の真実は、ズル熊にあります。羽生名人もまた、ズル熊に依存する傾向を強めておりました。その結果が、今回であります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

将棋にズルなどない。ズル熊などと言うのはプロの先生方に失礼だぞ。
【2008/12/22 23:07】 URL | 将棋学徒 #- [ 編集]


楽隠居して棋譜ならべを楽しんでいる老人です。しかし、「第64回学生名人戦」では穴熊対局があまりにも多く、がっかりしました。学生だからこそ正攻法で堂々と対局してほしいと思う私の考えは古いのでしょうか?
【2008/12/31 12:41】 URL | 隅のご隠居 #- [ 編集]

だまれジジイ
おまいは古いんだよ!じじいはすっこんでいろ!!!
【2008/12/31 15:13】 URL | 黒猫 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/80-092dcfbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。