わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



諸悪の根源はズル熊である!
  このブログをお読みの皆さんは、常々お思いのことでありましょうが、パソコンなど様々な便利なものが開発され、生産性が向上しているにもかかわらず、仕事は少しも楽にならないのはおかしいのではありますまいか? 

 そもそも科学技術とは、人間の幸福のために用いらるべきものであります。ところが現実はどうでありましょうか?仕事はますます忙しくなり、仮に忙しくなくても忙しいふりぐらいはしなければならないような雰囲気があるのが現状であります。

 それはなにゆえでありましょうや?それはすなわち、科学技術が人間のため、特に額に汗して働く労働者のためではなく、ズル勢力の儲け=ズルの道具として用いられているからであります。科学技術が本来目的とすべきところから離れ、ズル勢力の利益のためにのみ用いられていることが、今日の人類の不幸をもたらしているのであります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/76-a2049b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)