わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋の砂漠=ズル熊粉砕の闘いを断固進めよう!
 最近、ズル熊対策が様々に考案され、ズル熊の有害性があまり論じられなくなったかのようであります。しかし、このわたくしの目をごまかすことはできません。こうした状況こそが、ズル熊党のねらいであり、陰謀なのであります。ズル熊との闘いを緩めることは断じてあってはならない!まずは冒頭に、そのことを心を込めて強調いたしたく存じます。

 さて、最近のズル情勢について、今回は対振り飛車戦に絞って申し述べます。ズル熊がさらに蔓延していることはいうまでもございませんが、新たな情勢として、不機嫌中飛車や角交換向かい飛車など、角交換型の振り飛車が激増している現状を指摘しなければなりません。そのため、たんに「ズル熊で楽をして勝ちたい」というズル熊党が増えたのみならず、急戦をしたいという真面目な将棋愛好家が「急戦をしたくてもできない」現状がございます。こうした現状は、急戦そのものの絶滅につながりかねない深刻な事態であります。

 このような現状をとらえて、「角交換型の振り飛車が悪い」とする議論がございますが、実はそれがズル熊党のねらいなのであります。ズル熊党は、自らがもたらした将棋の危機の責任を、角交換型振り飛車など他の作戦に転嫁しようと画策しているのであります。そうして、ズル熊のズルさが、なにやら見えにくくなっているのであります。こうしたズル熊党の陰謀に、我々は惑わされてはならないのであります。

 そもそも、なぜ角交換型振り飛車が激増したのでありましょうか?そう、ズル熊が蔓延したからであります。振り飛車党は、ズル熊への対抗策として、角交換型の乱戦振り飛車を用いるようになったのであります。その結果、ズル熊とは何の関係もない居飛車急戦党までもが巻き添えを食い、急戦をしたくてもできなくなったのであります。まさに諸悪の根源はズル熊にあり、であります。ズル熊が今や急戦を絶滅させようとしているのであります。これはまさしく地球の危機をもたらしている砂漠化の現象と重なるものがございます。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/75-ae64462d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。