わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜王戦の闘い
 竜王戦は羽生名人が順当に2連勝となっております。どうやら、羽生名人の4連勝での奪取が見えてまいりました。

 渡辺竜王は、若くして4段となり、一時は加藤名人の後継者となるべく期待されておりました。ところが、現代将棋に汚染され、将棋が次第にズル化してまいりました。そうして、実力ではなく、ズルに依存するという現代将棋の弊害一色に染まってしまいました。

 このようにいうと、「加藤名人万歳はずいぶん厳しいことをいうではないか」とお思いかもしれません。しかしながら、わたくしは事実をいっているまでであり、また、決して渡辺ズル竜王を責めているわけではございません。渡辺氏もまた、現代ズル将棋の被害者なのであります。「ズルを憎みて人を憎まず」であります。羽生名人以外が相手であれば、それでも通用したことが、問題をさらに深刻化してしまいました。ズル熊をはじめとしたズルの弊害とは、かくも深刻であり、しかも見えにくいのであります。

 竜王戦第1局は、渡辺ズル竜王がズル熊に組み、二枚替えで飛車を成り込んだところでは、素人目には渡辺優勢に見えました。「穴熊に組めたのでまずます」「何とかなると思っていた」という渡辺氏のみならず、すべてのズル棋士にはそうとしか見えなかったはずであります。しかし、羽生名人はその先を読んでいたのであります。まさしく「名人に定跡なし」の卓越した大局観でありました。

 この将棋から我々は次のことを学ぶことができます。すなわち、「実力はズルにまさる」ということであります。困難な道ではございますが、我々はそれをめざす以外にございません。そして、この道にこそ、将棋の可能性と将来性があると言えましょう。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

振り飛車は角交換振り飛車などで堅いことをいいことにでたらめに暴れてくるのに、なぜ居飛車穴熊だけが非難されなければならないのか。私には納得がいかない。穴熊禁止を叫ぶならば振り飛車禁止も同時に叫ばなければ不公平だ!
【2008/11/03 12:40】 URL | マール #- [ 編集]

そうですよね
いつも拝見しています。継続して更新凄いです。僕も頑張ります。最近寒いので風邪などに気をつけて下さい。また拝見させて頂きます。
【2008/11/13 19:23】 URL | 明雄 #- [ 編集]


私はお年寄りに松尾流穴熊にしたうえに時計の押し忘れに乗じて時間を思いっきり使わせ、大駒を全部たたききって金銀をはりついて王手も掛けさせずにボロ勝ちした。しかし私にはなんら後ろめたいところはない。資本主義社会なのだから当然だ!!
【2008/11/16 19:39】 URL | 礼人 #- [ 編集]


今のお気持ちをどうぞ。ズル棋士に5連敗ですよ?
【2008/12/19 11:54】 URL | ふぁる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/73-024d7645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。