わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山名人とズル熊
 大山名人はかつて、「穴熊は下手固まり」とズル熊を非難しつつ、ズル熊を用いていた時期がございました。それはいったいなにゆえであったのか?

 大山名人は気づいてしまったのであります。ズル熊が将棋を滅ぼすことを。したがって大山名人は、ズル熊でわざと負けることで、将棋の延命を図ろうとしたのであります。将棋界の第一人者の将棋をまもる努力は、並大抵のことではありませんでした。大山名人の穴熊の勝率はきわめて低い一方、田中ズル彦がズル熊のみで高勝率を稼いだ事実が、その傍証となるでありましょう。

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/70-0120e476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。