わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「ラスト サムライ」を見て
 わたくしは「ラスト サムライ」を見ました。米国映画というところが気に入らないところでありましたが、最初はアメリカ人が日本人に対しズル武器の使用法などを指導するシーンがあり、「やはりズルなアメリカ人が作った映画に過ぎないのか」と失望しかけました。しかし、一応我慢してみることといたしました。

 わたくしは、将来的にはすべての武器の廃止をめざしている次第でありますが、当面は「鉄砲以後のズル武器の禁止」と「弓矢程度までは容認する」ことを提唱しております。この映画では、驚くべきことに、「ラスト サムライ」が刀と弓矢で対抗しておりました。すなわち、エドワード・ズウィックという映画監督は、「弓矢程度までは実力であり、ズルではない。ゆえに、武士道に反しない」というわたくしと基本的に共通する考えを持っているのであります。アメリカ人にしては、なかなかまともな感覚であります。

 渡辺謙さんらが演じる武士たちは、刀と弓矢のみで、アメリカ人に指導され最新のズル武器で武装したズル軍に対抗し、最後には突撃して全滅してしまいました。しかし、ズル軍兵士といえども、「ラスト サムライ」たちの生き様については最後には敬意を表さざるを得ませんでした。明治天皇もまた、「近代化は進めなければならないが、武士の魂=我々は日本人であることを忘れてはならない」という趣旨のことを言っておりました。

 正々堂々と最後まで刀と弓矢のみで実力勝負を挑もうとして散っていった武士たちに、わたくしは深い感動と悲しみを覚えました。あのようなズル武器で、何の痛みも感じずに武士の命を奪っていくアメリカ人と、その手先として欧米化し堕落した日本人たち。これは現代にも通じるものがあります。米国は今も、世界中に戦争の惨禍をまき散らしている戦争犯罪国家であります。いかにも米国は強い国家であり、「世界の警察」であるといわんばかりでありますが、真実は全く違うのであります。そこには、たんにズル武器=大量破壊兵器・残虐兵器を大量に保有し、人の命を軽んじるアメリカ人の人間性の腐敗と堕落があるのみであります。実力とは一切関係なく、米国は世界を牛耳っているというわけであります。これはいかにも理不尽ではないでしょうか。

 米国以外の全ての国家は、このような戦争犯罪国家=米国とはただちに手を切るべきであります。そして、人類と文化を腐敗・堕落に導いた米国文化を一掃しなければなりません。さらに、すべての戦争は一切禁止し、紛争はすべてオリンピックで決着をつければよいではありませんか!どうしてこんな簡単なことができないのでありましょうか。

 革命未だならず。同志奮起せよ!!!

 

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

1300敗の時もメッセージがなく、最近はまったく更新なく
どうしたのでしょうか?
お体が心配です。
【2007/10/01 21:55】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/61-f82a60dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)