わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やはりズル熊はズルである
 先日のNHK将棋講座は、4枚ズル熊に組みさえすれば即勝ちとなるという内容でありました。渡辺竜王は、「この形に組めば、相当な実力差がないと後手が勝てない。大山名人は平気で勝ちまくっていたが、それは例外中の例外」と強調しておりました。したがって、振り飛車側に工夫が必要だと・・・。

 ズル熊党はしばしば、「穴熊が勝ちやすいのは振り飛車側に工夫がないからであって、穴熊がズルいのではない」と言い訳をするものであります。しかし考えてみてください。今日のように、藤井システムなどズル熊対策が出てくるまで、一体何十年かかったでありましょうか。そうであるなら、その数十年間は、無制限にズル熊に組めたのであり、渡辺竜王の言うとおり、「相当な実力差がないとズル熊の勝ち」とならざるをえないのであります。

 このように、ズル熊で勝ったところでなんらえらいことではないのであって、強いわけでも何でもないわけであります。たんに、ズルを使っただけなのであります。しかも、今日においても、ズル熊の勝率は依然として6割近いのであります。さらに、振り飛車党といっても、すべての振り飛車党がズル熊対策を持っているわけではございません。そして、ズル熊対策というものは、相当な技術がいるのに対し、相手が普通に振り飛車に来た場合に、ズル熊に組むのには全く技術などいりません。これをズルと言わずして何というのでありましょうか。

 ズル熊がズルである証拠の一つとして、かつてのズル熊党総裁や副総裁、ズルのエジソンとやらをご覧なさい。無制限にズル熊ができなくなったとたんに一切活躍できなくなったではありませんか。しかし一時期は、いずれもズルを駆使することによって、A級や名人挑戦等々のいい夢を見ているのであります。これをズルといわずして何というのでありましょうか。

 結局のところ、ズル熊党は、数十年の長きにわたり、ズルによって勝ってきたに過ぎないのであり、それは多くの場合、今日においても変わってはおりません。ただ、以前より少しばかり神経を使うようになったと言うことに過ぎないのであります。

 こんなズル熊は、禁止しかございません。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
まったく同感です
わたしが将棋を覚えた頃、田中虎ズル9段は4年連続の昇級昇段で、A級8段になりました。また、全日本プロトーナメント(現在の朝日オープン)の決勝戦に駒を進めました。まさに、破竹の勢いでした。加藤先生から名人位を奪ったばかりの谷川名人との決勝戦です。当時、谷川名人対田中ズル9段の対戦成績は、田中ズル9段のほうが勝ち越していたのです!。しかもかなりの対戦成績に開きがありました。みなさまなぜだと思いますか?それは、実はこういううことが当時あったのでした。

名人を21歳の若さで加藤先生から奪取した谷川名人は、その若き頃の豊かな才能から、谷川時代の到来だとマスコミやファンは騒ぎ立てました。中原名人や大山名人のように、長期政権になるだろうと。ところが、これに異を唱える将棋指しがおりました。その人こそ当時居飛車穴熊を引っさげて、C級2組から4年連続でいっきにA級8段にまで上り詰めた、田中ズル8段でした。彼は谷川に対して猛烈なライバル意識を当時はもっておりした。そして、ことあるごとに谷川名人にたいしてこう述べたとです。

「穴熊を恐れて、飛車も触れないようなやつが名人とはちゃんちゃらおかしい」

正確には記憶しておりませんが、ほぼこのようなことを発言いたしました。
それにカチンときた、谷川名人は対田中ズル9段戦のみ、飛車を振り続け(当時は矢倉全盛期でした)まだ、藤井システムなどが完成される20年以上も前ですから、簡単に穴熊組まれてしまい、敗れ去っていたのでした。しかし、全日本プロの決勝戦お戦うにつけて、谷川名人は振り飛車をやめて、相矢倉戦に持ち込みました。するとどうでしょう。それまでの苦手意識や対戦成績はどこえやら。谷川圧勝の将棋が2番続き、2連勝で優勝したのです。それからは、田中ズル9段にほぼ負けることはございませんでした。

つまり、田中ズル9段は穴熊9段であり、本当の9段なのかどうか大変疑わしき問題なのです。その証拠に田中ズル9段にたいして、みな振り飛車を採用しなくなった結果、田中ズル9段はA級から陥落し、トップでの活躍はできなくなりました。現在はB級2組です。以上のことからもわかるように、いかに穴熊が将棋界をだめにしてきたのか、みなさんも考えていただきたいと思います。
【2007/08/07 08:20】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]


将棋は自由。
穴熊も自由。

将棋は深淵。
穴熊も深淵。
【2007/08/07 20:39】 URL | 将棋は自由 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/60-8c17e634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)