わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛歩戦術を復活させよ!!!
 本日は参議院選挙の投開票が行われました。わたくしは、選挙など、所詮はズル同士のコップの中の争いに過ぎず、それをズル勢力の手先=マスコミが、いかにも一大事であるかのように描く自作自演であって、かつ茶番劇に過ぎないと考えております。所詮、選挙などでは何も変わりはしないのであります。

 わたくしがなぜ、選挙期間中に沈黙を守ったのか?それは、何も「中立・公正」をまもろうなどというくだらない見栄を張ったわけではなく、上記の考えに基づいたからであります。しかし選挙は終わりました。そこでわたくしは、次期国会に向けて建設的な提案をいたします。

 それは、牛歩戦術を復活させることであります。このようにいうと、「民主主義は多数決だ。物理的抵抗はおかしい」などとしたり顔で言うズルもいます。しかし、彼らのいう「民主主義」とは一体いかなるものでありましょうか。選挙に立候補するだけで数百万という大金が必要な「民主主義」、マスコミが勝手に「事実上の○○と○○との対決」などと世論誘導をする「民主主義」、薄っぺらなパフォーマンスとやらで投票先を決める愚かな有権者による「民主主義」。こんなものをわざわざ「民主主義だ。多数決だ」などというほうがおかしいのであります。

 このような愚かな有権者によって選ばれた愚かな議員に国会をゆだねてしまっては、この国は崩壊してしまうでありましょう。いや、すでに崩壊は始まっているのであります。ゆえにわたくしは、牛歩戦術を復活させ、少数派による抵抗を当然の権利として認めるべきであるといっているのであります。ただし、牛歩戦術を行う権利は、国会議員だけでなく、広く国民全体に与えられるべきものであります。

 このようにいうと、「国会がマヒしてしまう」と心配をされる方もおられるでしょう。しかし考えてみてください。国会など、最近、なにか国民のためになることをやったでありましょうか。一切ないのであります。国会など機能しない方がマシであると言わざるをえないのであります。わたくしは改めて、全国民による牛歩戦術を呼びかけるものであります。

 しかし最近は、投票がボタン方式になり、牛歩戦術ができないようになったと聞きます。きわめて不当な弾圧であります。このところ、IT化やら技術革新やらと称してのズル勢力による国民監視が強化されておりますが、国会がこのような有様ではお話になりません。ただちに牛歩戦術を復活させるべきであります。

 革命未だならず。同志奮起せよ!!!

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/57-d858aef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。