わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



森内防衛=永世名人誕生に抗議する!
 先ほどのNHKニュースで、森内名人が防衛したとの知らせがありました。わたくしはこれに愕然とするとともに、厳しく抗議するものであります。

 本局は、聞くところによると、郷田九段の先手角換わり+ズル熊であり、当然郷田九段の獲得となるべき将棋でありました。ズル理論の観点からも、最終局は振り駒勝負というのが定番であり、しかもズル熊を使用したからには、当然郷田獲得となるべきであります。そうならなかったのは、ズルを使ったにもかかわらず獲得できなかった郷田九段に責任があると言わざるを得ません。わたくしはこのことをきわめて残念に思うのであり、厳しい抗議を表明せざるを得ないのであります。いずれにせよ、森内永世名人の誕生により、伝統ある名人位の権威は地に落ちてしまいました。
 
 こうなってしまったそもそもの責任者は一体誰でありましょうか。羽生名人であります。羽生名人は、当然17世名人となるべきであったものを、谷川名人まではまあよいとしても、佐藤や丸山にまで名人位を明け渡し、ついには森内永世名人誕生となったのであります。この第一人者の責任はきわめて重いと言わざるをえないのであります。

 羽生名人の一刻も早い名人復位を強く求め、わたくしの抗議の談話とさせていただきます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/52-5b3d001a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)