わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



将棋界の権威主義を打破しよう!
 わたくしは、ときどきある老夫婦の縁台将棋を観戦いたします。縁台将棋のよいところは、研究などが一切ございませんので、「進歩」というものとは一切無縁であります。しかしわたくしは、このような将棋の在り方もまた「あり」だと考えております。仮に「好敵手」のうち一方が「研究」などして将棋が「進歩」するならば、バランスが崩れ、もう一方にとっては将棋が面白くなくなります。それが老夫婦であったならば、将棋を研究することによって、夫婦仲がおかしくなりかねません。ましてや、研究によってズル熊を覚えるようなことがあってはなりません。このように、ただ将棋を楽しみたいだけの将棋ファンに対しては、下手に定跡などを教えるのは愚かなことであると言えましょう。将棋ファンには、「定跡を知らない権利」というものがございます。定跡などというものは、そもそもプロ棋士の権威主義の産物であります。

 この老夫婦は、ときどき相入玉の局面に至ることもございます。しかし、「点数」で「勝敗」を決めるようなケチな真似はいたしません。延々と、と金づくりなどで玉の周辺を固めることを楽しんでおります。そして、決して終わることがございません。延々と続き、そして笑い声もまた続きます。そうして、夜も更けると、「そろそろやめようか」との双方の合意によって、駒の損得にかかわらず引き分けとなります。こういった場合にも、わたくしはあえて相入玉の場合のルールは言わないことにしております。そもそも相入玉の「点数」などというものは、プロ棋界が便宜上つくったご都合主義の産物に過ぎないからであります。このようなルールを、日々ただ将棋を楽しむだけの老夫婦に教えるなど、愚かしいことであります。

 将棋とは、そもそも楽しむためにあるものですから、当事者が最も楽しめるルールであればそれでよいのです。ところが将棋界にはプロ将棋の権威主義がはびこり、「楽しむ」という世界が、全体として、年々縮小しているように思えてなりません。その最たるものが、ズル熊であります。あのような卑劣な囲いが、土足で善良なる将棋ファンの「将棋の世界」に入り込んだがために、将棋人口は激減してしまったのであります。ズル熊に限らず、我々は、何かと「プロと同じように指さないといけない」かのように思い込みすぎなのではないでしょうか。

 我々は一切の権威主義を打破し、もっと自由な世界の創造に挑戦しなければならないのであります。

 革命未だならず。同志奮起せよ!!!

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
トラックバックさせていただきました
知人から紹介されて、こちらのブログを拝見させていただきました。
私は対振り飛車には棒銀を愛用していて、練習将棋でたまに居飛車穴熊を指すと原因不明の違和感があって悩んでいました。しかし、このブログを拝読してその原因がわかり、今までの悩みが雲散霧消いたしました。ありがとうございました。
また、私も加藤一二三九段のことを尊敬していて、そういった点でも共感できる部分があり、このような素晴らしいブログにめぐり会えて本当に嬉しいです。
これからも加藤名人万歳さんにはズル熊廃止に向けて頑張っていただきたいと思います。

我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!


それでは失礼いたします。
【2007/06/17 23:24】 URL | 雲 虚空 #- [ 編集]

同感です!
雲虚空先生のブログから拝見いたしました。
私の息子(小学五年生)も虚空先生同様、棒銀が大好きです。
時々穴熊を指すこともあるのですが「勝ってもあまり嬉しくない」という理由で敬遠しています。
ブログを拝読してそんな息子の気持ちがよくわかり、息子を誇りに思いました。
息子はもちろん加藤一二三先生のことを尊敬しています。
今後もズルを厳しく鋭く糾弾していただけるようお願いいたします。v-81
【2007/06/17 23:37】 URL | テツ母 #cyLrHNtI [ 編集]

息子さんを温かく見守ってあげてください
ようこそわたくしのブログにおいでくださいました。
誇りにできる息子さんをお持ちのようで、嬉しい限りです。そして、息子さんの成長を温かく見守るテツ母さんのお姿が目に浮かぶようで、微笑ましい限りであります。子どもたちに愛情を注げば注ぐほど、その子は他人に同じように温かくできるものであるとわたくしは考えております。今後も温かく見守ってあげてください。
【2007/06/20 14:23】 URL | 加藤名人万歳 #- [ 編集]

へたれ将棋歴20年
はじめまして123ファンで
ヘボ将棋を20年やってます。
この記事は大賛成ですね
20年やって、全然上達しない私も
毎日ヘボ将棋を楽しんでます。
今の将棋界には将棋を楽しみってのが
無いように感じます
【2007/07/06 22:19】 URL | へたれ将棋歴20年 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/50-26893fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)