わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズル長再選に抗議する!~日本ズル連盟を脱退しよう!~
 日本ズル連盟は、5月26日のズル選で、ズル長会長を再選いたしました。その他の理事も、ズル長の配下がズラリと顔をそろえております。わたくしは、この結果に厳しく抗議するとともに、日本ズル連盟を正式に脱退することを表明するものであります。

 ただし光もございます。我らが青野名人が理事に選出されております。青野名人の選出により、ズル会が一片の理性を保つことを願うばかりであります。そして、日本ズル連盟に理性が回復するならば、その時こそ、我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の下に我らは堅く結束し、加藤=青野体制の下で、歴史的大改革を断行しなければなりません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ズル長会長の構想
今月5月の13日、東京都町田市の某所にて、ズル長会長が講演をしました。

話題は『ボナンザ-渡辺竜王戦』で、
「収入を得た上でメディアに大きく取り上げられて成功だった」
と自画自賛しました。本当に言いたいことは、
「こういう手腕を生かして連盟会長を続けます、支持してください」
ということなわけです。まあ、ここまではいいでしょう。
しかし、この先に恐ろしい構想があることが披露されたのです。

「今後もこのような企画をやっていきたいが、あまり人間側が勝ってばかりでは挑戦者が
現れなくなってしまう。そこそこ名が知れた人が負けたりするのも良いのではないか」

「私が知る限り、適任者は一人だ。その男は長いネクタイをしている。」

「彼は棒銀しかしないから、対抗できる戦法をコンピュータにインプットしておけば、
コンピュータが勝つのではないか?」

というような暴言を吐いたのです。
(以上の話は少しの誇張もない実話です。講演を聴いた人は
私が放った斥候以外にも大勢いましたので、内容の確認はとれるでしょう。)

つまり、加藤名人にズルシステムを搭載したコンピュータを当てると言っているのです。
ズルシステムを使えば実力に関係なく勝ちやすい、ズル長会長はここに着目した訳です。
ズル長会長が再選された今、恐ろしい計画が実行される危険が現実のものとなりました。
血も涙もないコンピュータが使うズル。人類はズルに屈してしまうのでしょうか。
【2007/05/26 23:41】 URL | 肉丸 #mQop/nM. [ 編集]

腹立たしい限りであります
 わたくしは、同志の調査により、加藤名人がコンピューターと対戦することになったということを聞きました。彼は、「ズルシステムのプログラムを組めば加藤負けになる。どうやらズル長の陰謀にはまったらしい」と大変な危機感を訴えておりました。しかしわたくしは、ズル長がお知らせのような暴言を吐いていたことは知りませんでした。これらの発言は、ズル長にはもはや付ける薬がないことを示しております。これほど堕落した人物をわたくしは見たことがございません。そもそも、コンピューターを人間と対戦させようとする企画そのものが、人間性を否定しており、わたくしはそもそも反対であります。しかし百歩譲っても、他人に対戦を要求する前に、まずズル長自身がコンピューターと勝負すべきでありましょう。

 しかしながら、対戦が決まったとすれば、我々はこれを全力で支援する以外にございません。わたくしがおもうに、ズルというものは人間特有のもので、コンピューターにその能力を与えるにはまだ時間がかかると見ておりますが、加藤名人が常に同じような指し方をするだけに、不安が大きくなります。とは言え我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人は、必ずやズル長らの陰湿かつ卑劣極まりない陰謀を粉砕し、輝ける偉大なる勝利を我々にプレゼントしてくれることでありましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
【2007/05/27 00:39】 URL | 加藤名人万歳 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/44-155f8517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)