わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズル熊撲滅運動を飛躍的に強化しよう!
 最近はズル熊が蔓延しているため、わたくしの弟子の中にも穴熊党が発生することがございます。しかしわたくしは、あまり強く「ズル熊はおやめなさい」と注意することはございません。やはり、自らのズルな行為に気が付くのは、本人しかないからであります。他人から注意され、渋々ズルをやめたとしても、本人のためにならないとわたくしは考えているのであります。むろんわたくしは、ひかえめに「ズル熊はズルであり、人格に悪影響を及ぼす」という事実を伝えているのみであります。

 ある将棋大会において、わたくしの中学生の弟子(穴熊党)が、いつものように小学生に対してズル熊をしておりました。わたくしはこの将棋を苦々しく観戦しておりましたが、やはりわたくしの弟子が勝ちました。ここまではいつもどおりであります。が、次の瞬間、小学生が「ワ~ン」と泣き出してしまいました。そして、その小学生の祖父と思われるお年寄りが、「穴熊じゃからのう。あんなコンクリートみたいな囲いで子どもをいじめるとは意地悪なお兄ちゃんじゃのう。仕方ない、仕方ない。よしよし」と懸命になぐさめておりました。

 これを見たわたくしの弟子は、「加藤名人万歳先生、穴熊とはこのように人々を傷つけてしまうんですねえ」と、勝ったにもかかわらず、気分が悪そうでありました。そして、次の2回戦でいいところなく敗れてしまいました。

 帰りの電車の中で、わたくしの弟子は、「将棋って、あんなに人を傷つけてしまうんですね。将棋をやっていく自信がなくなったような気がします」とポツンとつぶやきました。対してわたくしは、「悪いのは将棋ではなくてズル熊であるし、君が悪いわけではない。ズル熊とそれを放任している将棋界が悪いのだ。将棋界だけでなく、この世の中も同じようなことがある。ズルをして金儲けをしているような人間が評価されるような世の中だからこそ、子どもたちがまっすぐに育とうと思っても、できないのではないか。将棋のズルを学び、闘うことは、社会のズルを学び、闘うことでもある。ズル熊をやめて、ズルとの闘いに立ち上がることが大事だ。逃げてはいけないんだよ」と、自分に言い聞かせるように応えました。

 このように、「ズルをされる側」も「ズルをする側」も、ズル熊によって深く傷つけられているのであります。わたくしは、改めてズル熊禁止の必要性と、ズル熊撲滅運動の飛躍的な強化の緊急性・重要性を痛感したのであります。

 革命未だならず!同志、奮起せよ!!!

 

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
チェスの世界では
ご存知のかたも多いかもしれませんが、お隣のチェスの世界では、切れ勝ちを狙っての手数を稼ぐだけのような手や、ただ、闇雲に王様を固めて、やはり、切れ勝ちを狙うような手は、なんと、反則負け!になるのです。対局者が審判にアピールをし、審判が上記狙いの手であると認めたならば、不正行為とみなして反則を言い渡すことができます。ところが将棋界においては、ここのところがまったくの無防備で、なにをやってもよいという状態になっています。柔道においても、ただ守っているだけでは、指導や注意・警告、はては、反則負けになります。将棋界においても、チェスのような審判制を導入し、序盤において、穴熊に入った瞬間に、審判にアピールをして裁定を仰ぎ、ひどい場合には反則負けを宣告してもらう方法もあるんじゃないでしょうか?。また、終盤、、穴熊側が自陣の駒を埋めまくり、切れ勝ちを狙ってくるような指し方についても、反則負けを宣告してもよいのではないでしょうか?。ちなにみ、チェスの場合、なぜ反則負けになるかいいますと、切れ勝ち狙いや王様を固める卑怯な手は、騎士道精神に反するからだそうです。将棋も武士道精神に反するような指して手は、審判判断で警告を出し、改善されない場合は、反則負けを宣告してもよいのではないでしょうか。
【2007/05/05 06:50】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]

それでいいんですか?
ズル熊を撲滅するためにはたとえ弟子が相手でも厳しく注意するべきなのではないでしょうか?
【2007/05/05 23:56】 URL | ZZ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/42-38826d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。