わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



藤井四段、ズルに敗れる!
 昨日のズル井七段対藤井四段戦は、ズル井七段がフキゲン中飛車からズル熊に組むという二重のズルを採用いたしました。ズル井七段としては、藤井四段に勝つためにはこれ(ズル)しかないと考えたのでありましょう。藤井四段はこれに対し、果敢に急戦を仕掛け、まるで加藤一二三名人が乗り移ったように猛攻を仕掛け、ズル熊に迫りました。

 ところがであります。パッと飛車を打って、パッと飛車を成ったというただそれだけのことで、ズル熊の勝ちとなりました。世間では、ズル井七段の鋭い寄せと言われておりますが、これはズル熊党とズル勢力による全くのデマであります。あの程度の平凡な寄せは、プロ棋士なら誰でもできるという程度のものであります。藤井四段に読み違えがあったとはいえ、ズル熊に囲い、パッと飛車を成っただけでズルの勝ちとなった本局は、相当に深刻なものであります。やはりズル熊はズルなのであります。そうして、藤井四段でさえ、これを成敗できなかったということであります。わたくしはショックであります。

 本局を契機に、今後、ズル熊党とズル勢力は、藤井四段に対するズル熊攻撃をさらに強める恐れがあります。なんと卑怯で姑息な連中でありましょうや。我々は、こうしたズル熊党とズル勢力の姑息な攻撃を許さず、ズル熊はズルであるとの言論を強化せねばなりません。ズル熊はズルである!ズル熊はズルである!ズル熊は断固ズルである!

 しかし今回、藤井四段がズル熊にあえてズル熊で立ち向かうようなことはせず、自分の読みを信じ、果敢に戦ったことは、藤井四段の高い志の現れであります。藤井四段がこの壁を乗り越えた時、真の偉大なる大棋士となるに違いありません。われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人の真の後継者として、ズル熊党とズル勢力およびその支持勢力を次から次へと成敗し、わが将棋界に正義の光をもたらしてくれることでありましょう。

 将棋界の希望を15歳の藤井四段に託すしかないとは、いったいほかの棋士は何をしているのでしょうか。ズル熊と共同研究、さらにはコンピュータズルに明け暮れているばかりであります。このようなことで、将棋界の明るい未来をもたらすことができるでありましょうか。断じてできないのであります。

 このようなことになるから、わたくしはこれまでも繰り返し繰り返し、ズル熊と共同研究の禁止を主張してきたのであります。日本将棋連盟は、今こそわたくしの進言を受け入れ、ズル熊の禁止、共同研究の禁止を断行すべきであります。もはや一刻の猶予もございません。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/403-01d6a983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)