わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



フィリピン・ドゥテルテ大統領来日!
 フィリピン・ドゥテルテ大統領が来日いたしました。ドゥテルテ大統領はこの間も「2年以内に外国部隊は出て行ってほしい」と、アメリカ帝国主義との決別を宣言しました。一方、南シナ海問題などで「日本側に立つ」と発言するとともに、ズル首相とともに「日米同盟、米比同盟は大事」と表明いたしました。これをどうみるべきなのか。
 
 我が国のズル勢力の手先=マスコミ・御用評論家たちは、こうしたドゥテルテ大統領の真意を測りかねているようであります。中には、こうした発言を「180度違う発言」と誤認し、「ドゥテルテ外交の限界」と論ずる者さえいるようであります。しかし、わたくしにはドゥテルテ大統領の真意がはっきりと見えます。

 ドゥテルテ大統領の最大の政治的課題は何か。内政を重視し、治安を改善するとともに国民生活を向上させることであります。そのために、アメリカ帝国主義への依存から脱却し、近隣諸国との平和友好を図ろうとしているのであります。隣国との関係を安定させ、平和を維持しようというのは至極まっとうな考え方であります。一方、アメリカとも、帝国主義的な支配・従属の関係から、真の友好関係へ移行しようと考えているのであります。「日本の側に立つ」との発言は、アメリカ帝国主義の支配に苦しめられ、中国の海上進出に国土を脅かされている日本とフィリピンの共通性をふまえ、連帯の意思を表明したものと言えましょう。そのようにとらえれば、一連の発言は何ら矛盾するものではなく、整合性のとれたものであることが見えてきます。現時点で見ると、ドゥテルテ外交は、意外に冷静で理性的な平和外交であるととらえることができましょう。

 アメリカ帝国主義に盲従することになれたズル勢力の手先=マスコミと御用評論家には、このような至極当然の道理というものが理解できないようであります。彼らにとっては、アメリカ帝国主義批判はすなわち暴言であり、許すべからざるものなのであります。なんと嘆かわしいことであろうか。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/395-edfc3e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)