わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋で決着をつけるしかない
 「カンニング疑惑」で騒動となった竜王戦が始まりました。渡辺‐丸山戦は1勝1敗となっております。しかし、「カンニングをしたかどうか」という疑惑については依然、決着はついておりません。

 この件について羽生名人は「灰色に近いと発言をしたのは事実です。そして、今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは罰せずが大原則」と発言しており、わたくしも同感であります。「疑わしきは罰せず」でありますから、三浦九段の出場停止は行き過ぎでありました。日本将棋連盟は、内々に三浦九段に警告を発するなど、事を公にせずに収めるべきでありました。それをせずに、一時の感情で行き過ぎた対応をしてしまったというのが今回の騒動につながったわけであります。

 日本将棋連盟は、何故にこのような拙速な対応をとったのでありましょうか。これすなわち、ズル熊の弊害であります。日本将棋連盟は長年、ズル熊の蔓延を放置しており、日本将棋連盟の指導部もまた、このズルの弊害と無縁ではないからであります。ズルの弊害とはすなわち、大局を見失い、一時の感情で事を運ぶという短気であります。このような感情は、ズル熊やズルシステム、共同研究など、ズルの弊害によって生ずるのであります。すべてズル熊が悪いのであります。ズル熊と共同研究、ズルシステムを直ちに禁止・弾圧せよ!!!

 仮にこれが裁判に発展したならば、どうなるでありましょうか。証拠がないのに出場停止処分を行った連盟が不利であることは明らかであります。仮に、さまざまな工作を行い、裁判に勝利したとしても、日本将棋連盟へのダメージは大きくなります。そうならないようにするためにはどうすればよいのか。

 ここは将棋指しらしく、将棋で決着をつけるべきであります。すなわち、渡辺‐丸山の勝者と、三浦の7番勝負を実施するのであります。渡辺(または丸山)勝ちなら「不正はあった」、三浦勝ちなら「不正はなかった」ということにするのであります。そうして、勝負の後は、二度とこの問題を蒸し返して三浦を非難したり、逆に渡辺を非難するようなことがないよう、契約を締結すべきであります。要するに、すべてを水に流すのであります。これならば大いに盛り上がり、勝負がどう転んでも、対局者の潔い姿に世間は拍手喝采を送るでありましょう。まさしく一石二鳥というわけであります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/394-5a33c3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。