わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズル熊しか囲いを知らないのか?
 本日のNHK杯戦は、黒沢五段対山崎八段でありました。戦形は相振り飛車となりましたが、黒沢五段のあまりのへぼさにさすがのわたくしもあきれました。玉頭攻めが見えているのにズル熊に囲うとは、どういうことでありましょうか。しかも、ただズル熊に固めただけで、駒組みの工夫も一切なく、自陣は隙だらけ。将棋の囲いはズル熊しか知らないのだろうかと思えるほどでありました。さらには、桂馬をただポンポンとはねて攻めにもなっていない端攻めをし、自ら暴発しておりました。これには、解説の高橋穴熊名人もあきれて苦笑いといった様でありました。初手から話にならないのであります。本日の対局からして極めて重症であり、わたくし加藤名人万歳自らが指導に乗り出すしかないようであります。「囲いは金銀三枚。攻めは飛車角銀桂」といった基本のキから始めなければなりますまい。

 こんなことになったのは何ゆえでありましょうか。日本将棋連盟は、視聴者にこのようなお粗末な将棋が放映されたことについて猛省し、その原因を解明すべきであります。これすなわち、ズル熊と共同研究であります。だからわたくしは、繰り返し繰り返し警鐘を鳴らしてきたではありませんか。ズル熊を放置し、共同研究を野放しにするならば、ズル熊はますます蔓延し、プロ将棋界全体の劣化を招くことを。今からでも遅くはありません。日本将棋連盟は直ちにズル熊と共同研究を全面的に禁止すべきであります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/392-1fd8831d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。