わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



我が輩は毒舌である
 わたくしはときどき「加藤名人万歳さんは毒舌ですね」と言われます。わたくしは、「日本一の毒舌王」を自負しているという次第であります。毒舌は、必ずしも悪いものではございません。問題は、毒舌の対象なのであります。

 わたくしは、常に毒舌を目上の人やズルな人にのみ用いております。後輩や弱い立場の人には決して毒舌を用いることはございません。強い立場の人に毒舌を用いても、その人はダメージを受けることは少ないですし、それによってその人は反省することができ、よい影響を与えることができます。また、ズルな人は、ズルという罪を犯しているわけですから、それをきっちりと指摘することは、正義に合致するものであります。

 毒舌とは、「歯に衣着せぬ」ということでありましょう。つまりは、正直であるということであります。しかし、正直であることが常に正しいとは限らないところが難しいところであります。真理は常に語られてよいとは限らないのであります。かような意味においてわたくしは、時々自身の毒舌を反省するのであります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
とんでもない暴言だね
目上の人に毒舌をはいてもいいんだって?とんでもない暴言だよ。人生経験が豊かな先輩の言うことにはよく耳を傾けるべきだね。でも、後輩はちゃんと育てないといけないから厳しいことを言うのも仕方がないよ。
【2007/04/24 00:01】 URL | 青木 #- [ 編集]

いえ、加藤名人万歳録は名言です。
青木さんへ、
じゃ、お聞きしますが、将棋界の大先輩であります、米長会長が女流棋士へおこなった、今回の発言・助言・行動はどうなのですか?。女流棋士会に甘事で独立を持ちかけ、独立しようとするや、今度は手のひらを返したように独立を反対し、ましてや独立しようとするものを除名相当の対応でせまり、自分の奴隷となるのだけを残そうとする。まさに女流棋士は、あなたが言う人生経験豊富な人から、その助言を聞いたためにだまし討ちにあったのですよ。挙句の果てに自分と意見が違うと言う、ただそれだけの理由で、現在一生懸命将棋講座に出演出している女流棋士を、、NHKに圧力をかけて降ろそうとしています。番組内ではなにも批判めいたことは、一切言っていないにもかかわらずです。なので、必ずしも人生経験豊富な人の発言が、いつも正しいとは限らないし、また、むしろ豊富がゆえに、下のもを、その立場や地位を利用して騙している可能性を排除すべきではないと思います。
【2007/04/26 07:44】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/39-a3545234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)