わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅せた!白鵬の「猫だまし」
 大相撲九州場所は日馬富士の優勝に終わりました。最後は優勝争いをしていた3人がすべて負けて優勝が決まるという何やらすっきりしない結末でありましたが、見るべきものがございました。

 それは白鵬の「猫だまし」であります。「横綱がやるべきことではない」との意見もございますが、わたくしは非常に好意的にとらえております。白鵬も「楽しく相撲を取る」という境地に至ったということでありましょう。優勝も35回を数え、ファンを楽しませる相撲を取ろうというのであります。わたくしは、「ダメ押し」などの見苦しい相撲の多い白鵬を快く思っておりませんでしたが、あの「猫だまし」を見て、一気に白鵬のファンになってしまいそうであります。それほどインパクトのある素晴らしい相撲でありました。

この白鵬の「猫だまし」に批判的な人たちは、横綱の「品格」を問題にします。こうした意見も理解できなくはありません。しかし、わたくしはむしろ、この「猫だまし」は実に面白い技であるという点を重視してもよいのではないかと思いますし、これを最強の白鵬がやったことに価値があると思っております。「一度はやってみたかった」と白鵬は言っていたそうですが、このような探究心が白鵬の強みでありますし、ファンを楽しませたいという白鵬のファンサービスと言ってよいでありましょう。そして、「やってみたかった」という「猫だまし」をあのように見事に決めるのもまた横綱の技であります。

 最後に、お亡くなりになった北の湖理事長のご冥福をお祈りいたします。相撲界を守るのに大変な苦労をされました。大変人望のある人格者であったと聞いております。実にすばらしい横綱であり、指導者でありました。

われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/381-1a76bd8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。