わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズル熊禁止ルールの確立に向けて
 わたくしは先日、両親の住む実家に立ち寄りました。わたくしの両親も将棋好きで、NHK杯戦などをよく観戦しているようであります。たまたま将棋の話になった次第でありますが、「最近は穴熊ばっかりだねえ」といっておりました。そして「あれでは王様の逃げ道がないような気がするけど」 ともいっておりました。結論としては「穴熊を禁止してみるといい。そうすれば、それに代わる様々な戦法を考えるようになり、おもしろくなると思う」ということでありました。

 わたくしも同感であります。ズル熊こそが将棋を停滞させ、将棋界を衰亡に導く根源なのであります。ズル熊の禁止こそが、将棋界の新たな発展に向けた実効ある対策と言えましょう。この新たな将棋界のスタートへ道を開くものは何か。善良なる将棋ファンの声であります。皆さんお一人おひとりの声であります。ともに声を上げようではありませんか。

 ズル熊は禁止!禁止!撲滅!撲滅!闘争!闘争!勝利!勝利!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/379-e58f6748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。