わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生名人、良心の呵責により敗れる!
 本日のNHK杯戦は、羽生名人対北浜八段。北浜名人は最近、居飛車党から転向し、フキゲン中飛車を多用しております。もともと、序盤が下手な北浜八段であります。この選択は妥当なところであるとわたくしは思います。本局もフキゲン中飛車からズル熊と、序盤も実力も関係ない戦型を選択いたしました。

 北浜八段のフキゲン中飛車に対し、羽生名人の急戦か、と思いきや、北浜八段の△4四銀を見て、羽生名人がズル熊に変化しました。ズル熊というのは名人としては褒められたものではありませんが、これも一つの形ではあります。その後、羽生名人が積極的に仕掛け、先手指せると思われましたし、羽生名人もそう判断したでありましょう。ところが次の北浜名人の△5七歩が、ズル熊らしいセコ手でありました。このと金づくりが意外に受けにくく、羽生名人は攻め合いを目指したのでありますが、北浜名人はと金を起点にペタペタと金銀で張り付いて、意外に難しい局面が続きました。羽生名人がと金を外した時点では、後手の攻めが切れ模様となったように見えましたが、ズル熊特有のしつこい攻めが続いたのは羽生名人としても誤算であったかもしれません。

 最後は千日手模様となり、解説の屋敷九段も「これは千日手を避けるのは難しいでしょう」と解説しておりました。羽生名人は先手がいいはずだという思いがあったのか、あるいは視聴者に対する良心の呵責なのか、千日手を打開いたしました。しかし、結果的にはこれが敗着となり、北浜八段の勝ちとなった次第であります。

 何とも後味の悪い結末となったものであります。羽生名人は単に千日手を避けただけなのに、即負けとなってしまったのであります。逆に言うと、北浜八段は、何の工夫もなく、たんにズル熊に囲って歩を垂らし、千日手模様にして羽生名人の良心の呵責を悪用し、則勝ちとなったわけであります。すなわち、何ら実力に関係なく、偶然的に羽生名人の負けとなってしまった次第であります。

 ズル熊はズルである。こんな将棋がNHK杯戦に出てくるとは相当深刻であります。NHKとしても、視聴者に対し、申し訳ない気持ちで一杯でありましょう。こんな将棋では納得できない!NHKは直ちに日本将棋連盟に抗議し、NHK杯におけるズル熊の禁止を要請すべきであります。

 この将棋を見ていて、かつてわたくしの同志が執筆した将棋小説「最後のNHK杯戦」を思い出しました。本日の将棋はまさしくこの小説の再現だったからであります。日本将棋連盟がわたくしの再三にわたる忠告を無視し、ズル熊の蔓延を放置した結果、今日の事態を招いたのであります。「最後のNHK杯戦」については、http://zuruguma.web.fc2.com/NHK.htmlをご参照ください。

 日本将棋連盟は直ちにズル熊を禁止せよ!禁止せよ!禁止せよ!ズル熊棋士を厳重注意せよ!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/375-8277a12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。