わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方八段、名人戦初勝利を挙げる
 名人戦第2局は羽生名人がひねり飛車模様の乱戦に誘導しましたが、無理を的確にとがめた行方八段の快勝となりました。まずは名人戦初勝利を挙げた行方八段は、とりあえずほっとしたことでしょう。

 行方八段は7筋から伸びすぎをとがめ、戦いを有利に進めました。そして、60手目の△5四歩が、全盛期の加藤名人を思わせるような絶妙手でありました。その前の△8七歩のたたきと連動した行方八段会心の手順であります。これではっきり優勢となった行方八段でしたが、80手目にすばり△7七飛成と踏み込んだ一手は、トッププロであれば当然とはいえ、称賛に値する鋭い踏み込みでありました。以下も的確に寄せ、行方八段の快勝となった次第であります。

 こうしてみると、やはり行方八段は名人戦挑戦者になっただけの実力者ではあると言えます。第1局があまりにも初心者のようなひどい将棋であったため、大いに評価を落としたところでありましたが、これでひとまずは名誉挽回と言ったところでありましょう。とはいえ、まるで初心者のようなまずい駒組みをしたところを見ると、この将棋は羽生名人の余裕の現れとも取れます。どこが悪かったということではなく、作戦がそもそもまずかった、換言すれば初心者の駒組みを引き継いで羽生名人が指したらこのような結果になるといったところでありましょうか。いずれにせよ、第3局以降に行方八段の真価が問われるということになります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 禁止!禁止!ズル熊!ズル熊!撲滅!撲滅!勝利!勝利!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/370-325dd571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。