わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵の背後を襲うのは卑怯か?
 1600年の関ヶ原の戦い前に、徳川家康が「上杉討伐」に向かった際、石田三成の挙兵に対応して退却しました。この時に上杉景勝は「敵の背後を襲うは上杉の軍法にあらず」として、徳川家康を追撃しませんでした。しかし、1577年の「手取り川の戦い」において上杉謙信は、手取り川を渡って撤退する織田軍を追撃して大勝利を収めております。このことが矛盾しているように思えて、わたくしは夜も眠れません。

 皆さん、いかがお考えでしょうか。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
かったりー
あ?要は勝つか負けるかじゃね?ケンシンは勝つから追撃したし、カゲカツは負けるからしなかったんだろ。さて24でクマでもすっか。あーかったりー。
【2015/03/27 22:20】 URL | 黒猫 #- [ 編集]

史料批判は歴史学の基礎ですよ
上杉景勝の言葉は出典が「名称言行録」ですね。これはは幕末に編集された史料ですから、同時代史料ではなく、信憑性に乏しいといえます。史学界ではかような俗書はほとんど相手にされておりません。ですからこれを土台とした議論はすべて無効であると言って差し支えなかろうかと思います。
大丈夫、君はまだ成長できる。だから穴熊もやろうよ。
【2015/03/27 22:29】 URL | 青木 #- [ 編集]


失礼「名将言行録」でした。
【2015/03/27 22:32】 URL | 青木 #- [ 編集]

なるほどそうでしたか
さすがは青木さんですね。よくわかりました。
【2015/04/04 23:45】 URL | 加藤名人万歳 #- [ 編集]

このけちやろう!
史料批判がどうのこうのケチなこと言ってんじゃねえ。この腰巾着野郎め!
【2015/04/05 20:54】 URL | 赤木 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/365-1e252156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。