わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK敗戦における二歩について
 本日のNHK敗戦は、行方八段対橋本八段。序盤は玉頭位取りに構えた行方八段が動きづらいと思われましたが、厚みを生かしてたちまち勝勢を築きました。最後は橋本八段が△6三歩と二歩を打って終局いたしましたが、この局面自体、どうにもならなかったため、橋本八段も恥ずかしい思いはあったものの、さほど悔いはなかったのであろうと推察いたします。問題はその前にありました。86手目の△6七歩とパッと歩を垂らした一手などは、小手先の小細工で何とかなるのではないかとの希望的観測によるものであり、ズルの弊害の最たるものでありました。そうして90手目の△4五歩とは一体なんたる一手でありましょうか。この一手で将棋は事実上終わったのであります。NHK敗戦準決勝がこのような低レベルな将棋とは、嘆かわしい限りであります。まあ、行方八段の指し回しについては、一定の評価に値すると思われます。

 かような観点からわたくしは、橋本八段の猛省を求めるものであります。日頃より、角交換振り飛車等のチャラチャラした将棋ばかりやっているから、本日のような読みの入らない浮ついた将棋を指してしまうのであります。茶髪も即刻あらためるべきであります。

 わたくしがあえてこのように厳しいことを言うのは、橋本八段にはまだわずかながら、更生の余地があると考えるからであります。橋本八段の一層の精進を期待するものであります。

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/359-4f603097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。