わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいと思うことをやりましょう
 わたくしは最近、「ダンダリン 労働基準監督官」というドラマをよく見ます。簡単に申し上げますと、労働基準監督官がズル会社、悪徳企業を成敗する番組で、現代社会の病理を鋭く告発するとともに、解決に至る過程を具体的に描いております。ズル会社を成敗する場面は胸がすく思いがいたしますし、社会の病理が明らかになる場面では、世直しの決意を新たにするものであります。先日はダンダリンが発した「やるべきと思ったら周りが反対してもやる。やるべきでないと思ったら周りがなんと言おうともやらない。正しいと思うことをやりましょう」という言葉が大変印象に残り、わたくしもわたくしが正しいと思うズル熊撲滅運動の道をただひたすらに歩もうとの決意を新たにしたところであります。ぜひ、賢明なる読者諸君もご覧になることをお勧めいたします。

 さて、本日のNHK杯は、大石六段対行方八段でありました。大石六段が角交換向かい飛車という奇襲作戦に出たのに対し、行方八段は強力に反撃し、たちまち必勝形を築き上げました。わたくしは「さすがはA級八段だな」と感心しながら見ておりました。

 ところがであります。行方八段は何を思ったのか、大石六段の▲8八歩を△同馬と取り、▲同銀で馬をタダでとられてしまいました。▲同銀の時に、大石六段の手が震えているのがわかりました。思わぬ行方八段の大ポカに驚くとともに、胸が高鳴ったのでありましょう。逆に、行方八段にとっては悪夢のような大ポカでありました。

 こんなことがなぜ起きたのか。ズル熊であります。ズル熊で乱暴に攻める習慣がついたがために、あのような大ポカをやってしまったのであります。すべてはズル熊が悪い!ズル熊の弊害だ!ズル熊の弊害に毒された行方八段を救え!

 ズル熊は断固禁止だ!!!
 禁止!禁止!革命!革命!闘争!闘争!勝利!勝利!

 われらが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 われらが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 われらが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/340-68a9ca3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。