わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙は全て八百長である
 わたくしは、ボクシングの試合で判定負けにされた選手が激怒して「八百長だ」と言ったというニュースを見ました。要するに、本来は勝者であったはずの選手が、意図的な採点により「負け」にされたというわけであります。「勝ち」が「負け」とされるのは、百八十度結果が違うのですから、納得がいかないというのは当然理解できます。しかし、わたくしは、このようなことはどこの世界にも多かれ少なかれ存在するに違いないと思うのであります。

 その最たるものが、昨日の選挙ではありますまいか。世の中がこのように格差社会で貧困が広がっているというのに、あのように現職が無難に勝利していくのはあまりにも不自然ではありますまいか。また、マスコミ報道によると、勝つに決まっている候補者にわざわざ投票しに行く奇特な有権者があのように大多数であるとはにわかに信じがたいものがあります。誤解を恐れずに申しますと、現代ズル社会においては、多くの人々は不真面目であります。仕事においてもいかにズルをするかとか、いかに他人に仕事を押しつけるか、いかに自分を誇大に評価してもらうか等々を考え、酒を飲んでは下品な話ばかりしている人々が何と多いことか。ならば、選挙においても、「あの現職が落選すれば面白そうだ」とか「あのとんでもない候補が当選すると面白そうだ」と不真面目な動機でもって投票する有権者がもっと多いというのが自然なことであります。にもかかわらず、選挙のみは常に順当な結果が出るのであります。これはあまりにも不自然でありますから、八百長と考えるのが自然であります。

 まあ、百歩譲って開票において八百長がなかったとしても、選挙制度というものは、すべてズル勢力の有利なようにつくられているものであります。例えば東京都知事選に出馬するのにも供託金が300万円も必要であるし、組織票ズルがあるし、法定ビラとかなんとか言って宣伝しようにも一々ケチをつけられるし、ズル勢力の手先=マスコミは「事実上の一騎打ち」やら「主要5候補」やらと、勝手に選択肢を狭め、結局のところズル勢力の許容範囲の結果に収めようと世論誘導をしているのであります。これら様々なズルシステムを総合すると、そもそも選挙などというものは、ズル同士の八百長に過ぎないということなのであります。まあ、これをたとえるならば、選挙などプロレスのようなもので、最初から結論ありきなのであります。猪木が政治家になったのも、理の当然というものであります。

 選挙はこのように八百長になりますが、たった一つ、真の民主主義を保証する方法がございます。それは、わたくし加藤名人万歳の推薦を受けた候補のみで選挙を行うということであります。わたくしは、公正かつ客観的な視点から、ズルな候補者をあらかじめ排除し、真に公正な選挙を実現いたします。議院内閣制こそはズル同士の八百長に他なりませんから、内閣総理大臣は加藤一二三名人の終身職といたします。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三名人万歳!!!!!!
 革命未だならず!同志奮起せよ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
なんてこと言うんだ!
選挙が八百長だって?君はなんてことを言うんだ!選挙は民主主義にとって一番大事なんだよ。それに「不真面目な人が多い」だなんて人をバカにするにもほどがあるよ。みんなグローバル化の厳しい競争の時代に一生懸命働いているというのに。国民が選んだ安倍政権はほんとうによくやってるよ。再チャレンジ可能な社会をつくるために戦後レジームを打破しないとダメなんだよ。そのためには憲法を改正して自主憲法を制定しなきゃね。そして、世界の警察アメリカと一緒に世界中をパトロールするんだ!とっても夢のある国が安倍首相のいう美しい国なんだよ。君も美しい国をめざして頑張ろうよ!もっと素直になろうよ。君は絶対成長するよ!
【2007/04/14 00:35】 URL | 青木 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/34-86573e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。