わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



信号無視のすすめ
わたくしは、自転車や歩行者としてしばしば信号無視をいたします。ただし、よくよく安全を確認してのことでありますし、自動車運転の際には厳格に信号を遵守しております。それは何ゆえであるか。

 ある調査によりますと、信号無視をする人には金持ちが多いといいます。一面的に言えば、必要があれば安全確認をして信号無視を敢行し、時間を有効に使う姿勢がそのような結果をもたらしているのでありましょう。もちろん、ルールを無視してでもズルを重ねてきた結果、金持ちになったという姿勢の現われでもありましょう。

 とはいえ、わたくしが申し上げたいのは、そういうことではございません。常に信号を守るということは、信号が青でありさえすれば、安全確認がおろそかになりがちであるという逆接が成り立つのではありますまいか。信号が青であれ赤であれ、常に安全確認を十分にしてから、道路を横断すべきなのであります。また、車一台どころか猫一匹も通行していないにもかかわらず、赤信号だからといって停止するという姿勢は、ズル勢力の支配に無批判であることにもつながります。常に赤信号だからといって停止することは、ある種の思考停止状態であるといっても過言ではございません。ゆえにわたくしは、たとえ道路の両側に子どもが止まっていようが構わず信号無視をするのであります。

 「では、何ゆえに加藤名人万歳は、自動車での信号無視は行わないのか」との疑問の声があがってきそうであります。若干説明いたしましょう。

 理由は簡単であります。自動車での信号無視は、社会的影響がきわめて大きく、危険だからであります。わかりやすい例で言うと、つられて後続の車も信号無視をするかもしれません。また、信号無視をしてもよいとの風潮が広がりますと、道路交通が混乱する恐れがございます。ゆえにわたくしは、交通ルールをしっかりと遵守することにしているのであります。これはズル勢力の決めたルールに従っているのではなく、人々の安全を守るために必要なことだからであります。皆さん、交通ルールを守りましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

何いってるんだ!交通ルールは社会みんなの決め事。これを守らないのは未開の土人といっしょなんだよ。だからキミはいつまでたっても成長できないんだ!!
【2012/05/01 18:25】 URL | 青木 #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/09/27 08:30】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/317-7a09cc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)