わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やはり貨幣は廃止すべきだ
 最近、NHKテレビで人類の歩みについての番組が放送されており、わたくしも時々見るわけでありますが、先日は「人間が人間たるゆえんは貨幣の発生による」との趣旨の内容でありました。番組では、貨幣の発生前と発生後を比較考察するために、アフリカの未開の地について調査を行った様子を伝えました。その中では、貨幣の存在しないあるアフリカの野蛮人が、獲物を平等に分ける姿がありました。そうして、貨幣のない社会においては、獲物や収穫物を独り占めにすることは非難されるので、ムラ全体は常に平等が保たれ、貧富の差は一切ないことが説明されました。このような社会では、危機をみんなで乗り切り、一部の者が富を独占したり、逆に餓えに苦しんだりといったことは一切ないのであります。

 しかるに、貨幣ばかりか、株式や為替市場が高度に発達したわが国をはじめとする現代ズル世界はいかがでありましょうか。人口の1%に富が集中する一方で、餓死をする人々も珍しくなくなっております。もしも、今日のように富のあふれる社会に住む我々が、アフリカの野蛮人と同様、富を平等に分配するならば、一人の餓死者も出ないどころか、すべての人々が贅沢な暮らしを送ることができるでありましょう。経済が高度に発達しているからこそ、平等は人々に大きな豊かさを与えることができるのであります。

 この放送では、NHKは「貨幣が人間を人間にした」という趣旨のことをいっておりましたが、本音のところはそうではなかったはずであります。わたくしが推察するに、NHKは「今こそ貨幣を廃止し、すべての人間が平等な社会を作り上げよう」とのメッセージを全国民に発したのであります。NHKは、日々ズル勢力の応援をしてわが国を今日のように殺伐とした社会にしてしまったことを真摯に反省し、考古学という形で我々にメッセージを発したのであります。我々はこれを受け止めるべきであります。すなわち、貨幣の廃止であります。むろんわたくしは、貨幣を即時廃止せよと申しているわけではございません。まずは鎖国を断行し、為替市場、株式市場と段階的に廃止を進め、改革の総仕上げとして貨幣を廃止すればよいのであります。これにより、すべての日本人は豊かで幸せな人生を送ることができるでありましょう。めでたし!めでたし!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

日銀が、100%政府銀行でないという事を誰もが知る必要が、有ります。ユダヤ勢力が作った国々が、虐めている国に共通するのは、中央銀行が無い国です。彼の勢力は、ターゲットの国にエコノミックヒットマンを送り込み、法を変えて乗っ取ったり、事件を起こしたりします。特に戦後の日本が、そうです。オリンピックは、彼の勢力の祭りです。2020年までに乗っ取りを成し遂げ、祝杯をあげたいのでしょう。千円札には、彼の勢力の所で働いていた野口英世と湖面に写ったノアの箱舟が止まったアララト山、彼らのヒーローであるサバタイツバイの左目が描いています。
野口英世は、浪費家として知られていますが、子供を含む146名に梅毒に感染させるという人体実験をしていた事でも有名。伊藤博文は、長州忍者で天皇殺し。樋口一葉は、武士の娘ですが、貧乏になり、恋人にも捨てられます。日本銀行札に描かれている人物は、彼の勢力に利用された(彼らの為に働いた)人達です。長文失礼しました。
【2016/02/26 03:44】 URL | 三毛猫 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/315-8b6b1507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)