わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



人口減少と少子高齢化を理由としたズル勢力の陰謀に惑わされるな
 マスコミ各社は本日、一斉に以下のことを報道し、国民の不安をあおりました。 

 「50年後の日本の人口はおよそ4000万人減少し、8600万人余りになるという推計を国の研究所がまとめました。このうち、65歳以上の高齢者の割合はおよそ40%に上ると予測され、少子高齢化と人口減少の傾向は変わらないとしています。」

 人口減少と少子高齢化はなんら危機ではなく、むしろ神の見えざる手による適切な調整であることはこれまでも繰り返し述べてきたとおりであります。マスコミ報道でも、高齢者人口の比率は高くなるものの、高齢者人口そのものはほぼ横ばいであることは認めております。労働生産性は向上する中での人口減少は、失業の解消をもたらすでありましょう。高齢者人口は一時的には増加するものの、長期的にはほぼ横ばいであり、社会保障の安定を脅かすものにはなりません。少子高齢化はむしろ、社会の安定のためには好ましいことなのであります。

 問題は人口減少や少子高齢化ではありません。これらをネタに国民の不安をあおり、さらなるズルを画策するズル勢力の陰謀が問題なのであります。ズル勢力は、「労働力人口減少の危機」をあおり、女性や高齢者の「社会進出」と外国人受け入れを進めて失業の解消を阻害しつつ、「少子高齢化の危機」をあおり、年金や社会保障の削減を進めながら、総体として低賃金・低社会保障という夢も希望もない社会を作ろうとしているのであります。すべてはズル勢力の既得権益を維持するためであります。ズル勢力は、労働力人口が減り、失業が減少すれば賃金が高騰し、自らの既得権益が脅かされることを恐れているのであります。少子高齢化は決して社会の危機ではなく、ズル勢力の危機なのであります。それを社会の危機であるかのようなウソの宣伝をし、国民にさらなる我慢を強いようとしているのであります。神の見えざる手によるせっかくの調整が、ズル勢力の私利私欲のために阻害されようとしているのであります。こんな陰湿かつ冷酷な陰謀を許すな!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/314-0e7cecf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)