わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



名人位の剥奪を宣言する!
 本日の朝日杯将棋オープン本戦の森内俊之名人-阿部光瑠四段戦は、実にひどい将棋でありました。森内名人は四間飛車から端桂を跳ねるなどチョロチョロと小手先だけで捌こうとしましたが、そんな手がプロで通用するわけがありません。阿部四段に中央から動かれ、あっさりと不利になり、なすすべなくズルズルと必敗形になっていきました。大局観が全くなっていないといわざるを得ません。

 森内名人は居飛車党でありますから、あれこれと言い訳をしたいのかもしれませんが、この内容では言い訳も一切通用いたしません。名人たる者、いかなる戦形であれ、最低限の指しようというものがありましょう。しかし、本日の将棋の内容は、アマ初段程度であったといっても過言ではございません。これでは阿部四段も拍子抜けし、喜びも半減、否、百分の一でありましょう。

 この棋譜の解説を見ますと、名人の権威を飾り立てるために、ヘボ将棋を隠蔽しようとあれこれと見苦しいウソを重ねております。日本将棋連盟の機嫌を損ねるわけにはいかない観戦記者の難しい立場を思うと気の毒な気もいたしますが、天下国家のため、もっと率直に真実を語るべきであります。すなわち、「こんなヘボ手を名人が指すとは驚きだ!」と。

 もはやいかなる言い逃れも許されません。日本将棋連盟が認める名人といえども、もはやわたくし加藤名人万歳は森内名人を名人とは認めません。断腸の思いながら、ここに森内名人の名人剥奪を宣言いたします。

 森内名人としても、ここは思い切って名人位を返上し、我らが親愛なる指導者=豊島将之名人に名人位を禅譲すべきであります。わたくしはここに、名実ともに豊島時代が到来したことを宣言するとともに、我らが偉大なる指導者=豊島将之名人を大将軍に推戴することをここに高らかに宣言するものであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/310-3abf6359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)