わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の碁打ち・本因坊秀策を見て
 わたくしは日曜日、NHK教育テレビで「伝説の碁打ち・本因坊秀策」を見ました。まさしく「教育」にふさわしい素晴らしい内容でありました。本因坊秀策は因島で生まれ、母親に囲碁を習い、地元の城主などの支えもあって上京し、一流の碁打ちとなりました。しかし、かつてお世話になった人たちのことも忘れていません。実家への手紙は書かさず、本因坊家を継ぐ際にも、これらの人々のことを思ってすぐに返事ができなかったという場面も出てきます。本因坊秀策は、お城碁で12年間負けなしの19連勝という大記録を樹立しました。

 しかしその直後、母親が亡くなります。本因坊秀策は、実家の父親を気遣い、励ましの手紙を送ります。現在のように飛行機や新幹線のない時代でしたから、故郷に帰りたくても簡単に帰れなかったのであります。その時の本因坊秀策の心情をおもうと、わたくしは何とも言えない気分になりました。そして、本因坊秀策は、当時流行していたコレラにかかった本因坊家の人々を看病したことが命取りとなり、その半年後に34歳の若さで亡くなりました。本因坊家で亡くなったのは秀策のみで、他の人は全て秀策の看病の甲斐あって皆助かったとのことであります。秀策の死後、幕末の動乱の影響で、二度とお城碁は行われませんでした。

 このように高潔な人物である本因坊秀策が、なにゆえにお城碁19連勝という大記録を樹立することができたのでありましょうか。それは、囲碁にはズル熊のようなズルがなかったからであります。囲碁の道は、ただひたすら真理を追求することによって進むことができるのであり、人間的完成を追求する営みと同じであるからであります。しかしながら、将棋はといいますと、ズルが増大したがために、将棋に強くなるためには、人間的完成の追求は無用の長物となってしまいました。我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人がわずか名人一期に終わり、ズル長のような人物が名人位をはじめ多くのタイトルを獲得し、日本ズル連盟会長となり、社会を混乱に陥れているのが、わが将棋界なのであります。きわめて残念なことであります。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ズルについて
加藤名人万歳さんのおっしゃる通りで、現在のズル熊の繁栄は現代社会の象徴ともいえるでしょう。ホリ○モンや村○ファンドのように、金さえもうければなにをやってもよいとゆうような考え方が、ズル熊の、なにをやっても勝てばよいとゆう、ズル熊の流行とまさにぴったりと一致するのです。いつから日本はこのような国になってしまったのでしょうか。太平洋戦争で、ズルリカに負けて、ズルリカの文化や考え方を強制的に受け入れざるを得なかったことが、このような事態を生んだ元凶だと思われます。その証拠に、戦前においては、ズル熊戦法は存在していたにもかかわらず、だれも使おうとはしませんでした。王様だけが頑丈な城壁に守られ、その部下である金銀桂馬等が命を懸けて戦っているのに、王様だけはどこ吹く風がごとく、安全に守られているとゆうのは、日本人の気質に会わなかったのです。ところが、ズルリカの考えたかが導入されて、部下が死のうが生きようがおれの知ったことではない、とにかく勝つ(金儲けをする)ことが一番で、死んだやつはアホなやつだみたいな考え方が浸透していった結果、日本人が本来持っている部下や他人を思いやるきもちがどこかへ消えてしまって、しょうもない日本人に成り下がってしまったのです。実のわが子は殺すは親も殺すは、金持ってるのに給食費は払わないは、もう、最低の国になってしまいました。これもひとえにズルリカの悪しき個人主義が導入された結果なのです。
もういい加減にしていただきたい。本当にこのままズル熊をつずけるならば、もう、将棋自体がすたれて、なくなってしまうと思うのです。そうなる前に、地球温暖化ではないですが、この連鎖状態をなんとか食い止めたい。孫の代まで、その先まで、将棋とゆう日本の伝統文化を継承していきたい。私はその一心から、訴えます。みなさんも一度立ち止まって、本当ズル熊をつずけていいものなのか。ぜひ考えてください。
【2007/03/28 08:04】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]

うざ
  ショーギは勝ちゃいいんだろ?じゃあヒンコウホウセーに指したら県代表になれるのか?アマ名人になれるのか?オレは誰がなんといってもアナグマ指しまくりだぜ。リンリやドートクがなんだっつーの!ま、万一アナグマがルールで禁止になったら、そんときゃショーギからバイバイするだけ。さあて24でクマでもすっか。あ~かったり~。
【2007/03/29 01:08】 URL | 黒猫 #- [ 編集]


ズル熊のような卑怯な戦法ばっかり指して恥じない将棋指しばっかりになってしまったのも、日本全体がズル熊のように卑怯な価値観が蔓延した最低最悪の国になってしまったからだ。こんなくだらない国・日本はもう滅ぼしてしまうしかない!
【2007/03/30 01:03】 URL | 内山徳一 #- [ 編集]

何か悩みでもあるのかな?
おやおや黒猫君、久しぶりじゃのう。元気にしておったかのう?じゃがその調子じゃ。相変わらず人様に迷惑をかけておるのじゃろうのう。何をやっても勝てばよいというものではござらぬぞ。人生とはそのようなものではない。おっと、拙僧としたことが、説教をたれてしもうた。年をとったのかのう。寂しかったら拙僧の穴熊病院に来るとよいぞ。悩みを聞いてあげるからの。
【2007/04/01 19:36】 URL | 本因坊秀策 #- [ 編集]

だまれクソじじい
うざいよ、おまえ、じじいはすっこんでろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
【2007/04/01 22:50】 URL | 黒猫 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/31-95a9fbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。