わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のNHK杯に断固抗議する
 本日のNHK杯は久保二冠対森内名人であり、タイトルホルダー同士の対戦にふさわしい名局が期待されました。にもかかわらず、とんでもない拙戦となり、がっかりいたしました。わたくしは本日のNHK杯に対し、断固抗議するものであります。

 久保二冠の三間飛車に対し、森内名人は引き角戦法を用いました。まずはこのことに抗議したいと存じます。引き角戦法は邪道であり、名人が用いるべき戦法ではございません。一体、角に何手かけているというのか。しかしながら、久保二冠の対応がまずく、△8六歩から仕掛けたところでは明らかに森内名人が有利な形勢でありました。

 その後、森内名人に疑問手があり、これをとがめて久保二冠が飛車を切って乱暴な攻撃に出ました。わたくしはこのような攻めが決まり、久保勝ちとなるのは何か納得のいかないものがあったため、「森内がんばれ」とテレビを見ながら応援いたしました。森内名人はわたくしの期待に応え、実に堂々とした指し回しで危機を乗り切り、優勢を築きました。このまま森内名人が勝ちきっていたならば、わたくしがわざわざかような苦言を呈することもなかったでありましょう。

 ところがであります。森内名人は受け損ない、久保二冠の素人のような攻めがつながってしまいました。到底納得のいくものではありません。名人であるならば、当然勝ちきるべき将棋を落としてしまった森内名人の猛省を求めるものであります。

 こんなことになったのは何ゆえか。ズル熊のせいであります。ズル熊の弊害により、将棋が歪められ、本日のようなおかしな将棋が発生するにいたったのであります。将棋の乱れは文化の乱れであり、わが国の乱れであります。国家の崩落を招くズル熊は断固禁止されねばなりません。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
この無礼者!!
一介のアマチュアがプロの先生しかも名人の将棋を批評するとはとんでもない。無礼にもほどがある。貴方だったら久保二冠に勝てるのか?
【2011/12/26 13:17】 URL | 棋界燕 #- [ 編集]


受信料払わずNHK見てる方がおかしいと思いませんか加藤さん。
【2012/01/30 00:19】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/309-500b96b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。