わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



祝!中日連勝!
 中日が二試合連続の延長戦の末、2-1でソフトバンクを下しました。わたくしはこの結果を歓迎するとともに、落合監督はじめ選手諸君の健闘を称えるものであります。がんばれ!中日ドラゴンズ!

 意外に知られておりませんが、わたくしは落合監督のファンであります。落合監督のインタビューなどを聞いておりますと、あくまでも主役は選手であり、監督、ましてやマスコミではないとの姿勢で貫かれております。選手が活躍しやすい環境を整えるのが監督の役割だという信念を感じます。現役時代に「オレ流」を貫いた落合監督ならではの選手への気配りがあったからこそ、今日の安定した成績につながったのではないでしょうか。

 その落合監督は、今季限りで監督を退任させられるようであります。きわめて残念なことであります。落合監督の「オレ流」が、球団やマスコミに嫌われたせいでありましょう。まあ、この件でマスコミを非難するのはよしましょう。落合監督が有終の美を飾られることを期待するものであります。がんばれ!落合監督!

 本日本シリーズがこのように盛り上がっているのは、試合内容もさることながら、選手一人ひとりがひたむきにプレーする姿が人々の心を打つからでありましょう。しかし、その中でも、本シリーズの鍵を握るとされる内川選手が、クチャクチャとガムをかむ姿が気になります。最近は、ズルリカのまねをしてガムをかむ選手が少なくありませんが、内川選手はその中でも特に品がないといえます。両チームの中でガムをかんでいると見られる選手が内川選手だけというのが、さらにその問題を引き立てます。試合中にガムをかむことは直ちに禁止すべきであります。

 一方、巨人軍でも見苦しい内紛が起きております。わたくしが渡辺会長のファンであることも意外に知られておりません。わたくしは読売は嫌いなのでありますが、ナベツネには好感を持っております。マスコミのトップでありながら、常にマスコミにたたかれているのが面白いのであります。ナベツネは確かに横暴なところもあるのでしょうが、いきなり記者会見で内情を暴露するのではなく、どうして正面切ってナベツネを怒鳴りつけなかったのでありましょうか。いきなりマスコミの同情を引こうとするのはどうも感心しません。まあ、ズル売新聞社が内紛を起こしているのはおもしろいことなので、しばらく放って起きましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/304-45a37ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)