わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



特定チームの応援押し付けを行うな
 クライマックスシリーズが終了し、日本シリーズがソフトバンク対中日で行われることが決まりました。わたくしはたいして関心がなかったわけですが、クライマックスシリーズは結構盛り上がっていたようであります。昨日わたくしは、九州・福岡市内で若い同志たちが主催して開催された「わが国の世直しを考える会」に出席し、講演を行ったところであります。会の終了後、一杯やりながらさらに意見交換しようということになり、歩いて会場まで向かっておりました。その道中で若い同志が携帯電話を見て、とても嬉しそうな顔をしております。いったいどうしたことかと思い、尋ねてみると、「ソフトバンクが勝った。これでビールがさらにおいしく飲めそうだ」というのであります。

 「今日勝ったらもう日本シリーズだったかな。いつの間にかそんなに試合をしてたんだね」とわたくしが申しますと、「先生、まったく関心がないようですね。庶民の関心事に疎いのはいけませんね(笑)」と冷やかされたという次第であります。わたくしは「パリーグがソフトバンクと西武、セリーグがヤクルトと中日だろう。それだけ知っていれば結構関心があるってことじゃないか」とわたくしが胸を張ると、「それで自慢するんですか」と高笑いをされてしまいました。

 しかし、自分にはなんらのメリットもない野球チームの勝ちで、そんなに幸せな気分になれるものなのでありましょうか。わたくしにはちょっと理解できないところではございます。世直しをしばし忘れての会話で、わたくしの心も和みましたので、まあよしといたしましょう。懇親会場においては、世直しについての熱い議論が交わされたことを念のため申し添えます。

 わたくしが問題にしたいのは、福岡・博多駅の駅員が皆、ソフトバンクホークスのハッピを着ていたことであります。オリックスファンのある同志は、「これには辟易させられますよ」と申しておりました。ソフトバンク以外を応援している駅員もいるはずであり、これは人権侵害ではないかとの疑念さえ生じるところであります。百歩譲ってハッピの着用強要を認めるとしても、野球の応援だけを強要するのは差別的であります。すべて平等に、「がんばれ三沢!」とか「森内名人奪取おめでとう」などのハッピも着るべきであります。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいだ!ズル熊は即時全面禁止せよ!!!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野照市名人万歳!!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島将之名人万歳!!!!
 革命いまだならず。同志奮起せよ!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/303-3ab35248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)