わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



人間軽視のあらゆるズルに断固抗議する!
 本日のテレビは台風の話題一色でありました。こうした中でわたくしは、あらためて現代ズル社会のさまざまな問題点を垣間見た気がいたします。

 テレビのリポーターは暴風雨の中を取材し、「真っ直ぐ立っていられないくらいです」等々、強風に煽られる惨めな姿で台風の威力を強調し、実況しております。何と危険な!こんなことを労働者にさせるマスコミは人命軽視も甚だしいではないか。何か起こってからでは遅い!そもそも、こんな実況をやったからといっていったい何になるのでありましょうか。人々の安全が少しでも確保されるのでありましょうか。そんなことは一切ございません。せいぜい、視聴者の野次馬根性を少しばかり満たすぐらいのものでありましょう。マスコミは結局のところ、人間の尊厳より視聴率の方が大事なのであります。ズル勢力の手先=マスコミは今日、このように人間性を喪失してしまっているのであります。こんなマスコミにまともな報道などできるはずがない!マスコミは直ちに禁止せよ!!!

 台風の影響で首都圏の交通機関が混乱したことも報道されておりました。電車も止まり、タクシーも使えないので、3時間も待ってバスに乗った人もいると聞きます。あるいは、地下鉄が止まったので、片道3時間もかけて徒歩で帰宅した人もいるらしい。テレビを見ると、暴風雨の中、傘も役に立たず、びしょ濡れで帰路につく可哀想な人々の姿がありました。考えてみると、台風が来ると分かっているのだから、最初から仕事を休みにすればよいのであります。社員が暴風雨の中、びしょ濡れで徒歩で通勤するのも平気なのが、我が国の大多数のズル会社の現状なのであります。そうして、それが天災なので仕方がないかのような報道をするマスコミ。何という異様な光景でありましょうか。こんな国に誰がした!?

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいではありませんか。ズル熊が人間性を喪失させ、他人への思いやりの心を失わせたがゆえに、我が国は今日のような冷酷な社会になってしまったのであります。もはや一刻の猶予もない。ズル熊は直ちに禁止せよ!さもなくば、我が国は滅びてしまうぞ!

我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
我らが親愛なる指導者=青野 照市名人万歳!!!
我らが輝ける希望の星=豊島 将之名人万歳!!!
革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/295-c93a368c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)