わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生名人、王位奪還
 注目の王位戦第七局は、羽生名人が相ズル熊の激戦の末、広瀬王位を破り、王位を奪還いたしました。内容的にも羽生王位の快勝で、得意形になったはずの広瀬王位は力を出せず、残念な結果となりました。一方、竜王戦挑戦者決定三番勝負は丸山名人が久保王将を2-1で下し、竜王戦に登場することとなりました。

 王位戦についてはわたくしは、広瀬防衛を予想していたため、その場合には相ズル熊を非難しつつ、今後の展望を語るつもりでありました。しかしながら、相ズル熊で羽生奪取という予想外の結果となり、わたくしは語るべき言葉がございません。よいとも悪いとも言えない結果であります。一言で言うと「現状維持」ということでありましょうか。「現状維持」とはすなわち、将棋界にズル熊が蔓延し、相ズル熊へ収斂していく過程がそのまま進行しているという意味での「現状維持」であります。要するに、将棋界が悪い方向に向かっているという現状に変化がなかったという意味での「現状維持」であります。

 竜王戦については歓迎すべき結果であったということができます。わたくしは、久保や戸辺、菅井のようなイチかバチかで石田や中飛車でメチャクチャに暴れ回る将棋がプロ棋界で広がりつつあり、将棋界に蔓延しつつあることに危惧を覚えている次第であります。こうした動向は、ズル熊の蔓延と軌を一にしており、将棋界を衰退に導く危険なものであります。彼らチョロチョロ三羽烏を成敗する任務を遂行する棋士としては、まさに丸山名人こそふさわしいと言えましょう。久保を成敗した将棋などは、実に正々堂々としたよい将棋でした。わたくしはかつて、丸山名人を「ズル山名人」と呼び、ズル棋士の代表格として非難してまいりましたが、最近の将棋界があまりにもひどいため、むしろ丸山名人がマシに見えてまいりました。また、丸山名人は、マスコミや御用観戦記者などから「激辛流」「丸山ワクチン」などと、不当な誹謗中傷を受けてきたことも見逃せません。マスコミの被害者であり、しかもどんなに迫害を受けようとも一切信念を曲げなかったという点では共感すべきものがございます。がんばれ、丸山名人。

 今後の焦点は、竜王戦七番勝負であります。ここで丸山名人が、生意気ズルのボスであり、ズル熊の申し子ともいわれる渡辺竜王を成敗するならば、将棋界の流れが再び大きく変化する可能性がございます。竜王戦七番勝負に注目しましょう。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=青野 照市名人万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=豊島 将之名人万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
名人ではありません
羽生三冠は現在名人ではありません。現名人は森内名人です。カトバンさんは棋界情報に疎いのでしょうが、人の肩書には細心の注意が必要ですよ。
【2011/09/14 21:49】 URL | ベアー田中 #- [ 編集]


自分が名人と呼びたい奴を名人と呼べばいいんだよ。枝葉末節をケチケチいうな。
【2011/09/14 22:20】 URL | カラス天狗 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/294-1f1addcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。