わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のNHK杯戦とズルカスオンについて
 本日のNHK杯戦は杉本七段対松尾七段。戦形は杉本七段の不機嫌中飛車に松尾七段の3七銀型急戦でありました。この戦形にはもう飽き飽きしました。これもまたズル熊のせいであります。ズル熊は即時全面禁止せよ!!!形勢は松尾七段に大きく傾き、もう終わりかと思いました。ところが松尾七段が、自玉はズル熊ではないにもかかわらず、パンパンといい加減に攻めているうちに形勢が逆転し、杉本七段勝勢となりました。しかし杉本七段が勝ち筋を逃し、結局のところ松尾七段の勝ちとなりました。全くつまらないといわざるを得ません。これもまた、両者のズル熊の弊害のせいであります。ズル熊に依存し、自己研鑽を怠っているから真の実力がつかないのであります。本日の将棋からは、プロらしさというものは全く見られませんでした。この際、プロ制度そのものを廃止してはいかがでしょうか。さもなければ、ズル熊を直ちに禁止すべきであります。

 本日のNHK杯戦の唯一の見所は、解説者が豊島名人であったということのみでありました。豊島名人はおそらく初解説であったかと思いますが、事前に両者の棋譜をすべて並べるなど、ファンのためにしっかりと準備をされたようで、緊張気味ながらも堂々とその役割を果たしておられました。時に、矢内さんの鋭い指摘に対しても、「なるほど、その手がありますね」等といった率直な語り口が視聴者の好感を呼んだに違いありません。プロの権威を守るためのみに必死な解説者も少なくない中、さすがは我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人の後継者としてふさわしい解説者ぶりでありました。豊島名人ほどの実力者であれば、解説を少々間違えたところでその権威に影響することは一切あり得ません。その自信と風格が早くも漂う豊島名人でありました。本日の将棋にしても、豊島名人が先手側を持っていれば無難に勝ち切り、後手番を持っていれば確実に逆転勝ちしていたに違いありません。両対局者の猛省を求めるものであります。

 さらに本日のズルカスオンでは、羽生名人対広瀬王位の王位戦第五局が解説されました。わたくしが実際の棋譜を見たのはこれがはじめてでしたが、同志から事前に報告を受けた以上に、内容があまりにひどいことに唖然といたしました。そもそも、▲2四歩~▲1七桂のような筋悪な手順で居飛車がよくなるはずがありません。以下は、広瀬王位が特に変わったことをするでもなく、自然に勝ちとなりました。町道場のオヤジが指すようなヘボ手順を天下の羽生名人が指したことに対し、わたくしは大変な驚きを禁じ得ません。ズル熊の弊害ここに極まれりであります。仮にこの王位戦に敗れるようなことがあれば、羽生名人の勢威は大きく後退し、羽生時代が文字通り終焉を迎えることになりかねません。羽生名人の奮起を求めるものであります。

 わたくしは王位戦第6局が広瀬王位の先手となることを知りました。第6局は、広瀬王位が世間体を気にせずに、再び振り飛車ズル熊を採用できるかが大きな焦点となることでありましょう。また、わたくしといたしましては、広瀬王位の振り飛車ズル熊、特に四間飛車ズル熊を強く期待するものであります。仮に広瀬王位が四間飛車ズル熊で来るならば、羽生名人としては棒銀で対抗する以外にないと断言できます。後手番で斜め棒銀の速攻を仕掛けるのはやや無理筋と考えられるからであります。棒銀ならば、振り飛車ズル熊の攻めを押さえ込みつつ、優位の拡大を図ることができるからであります。並の実力では居飛車即負けとなるところでありますが、羽生名人であれば、棒銀によるズル熊粉砕が可能でありましょう。羽生時代を死守するためには、後手棒銀を決行する以外にないのであります。

 こんなことを言うと、「プロ棋士に対して失礼だ」というズルもいるものです。しかし、例えばプロ野球にしても、ファンはポップコーンをばりばり食いながら、あるいはビールを飲みながら、「こら-下手くそ」などとヤジを飛ばしたりするものであります。もちろん、ヤジの対象になっている選手の方が、ヤジを飛ばしている当人より野球がうまいことはいうまでもございません。将棋はむろん、対局中にヤジを飛ばしてはいけないとは思いますが、プロ棋士の棋譜を批判するなどはもっと自由に行われてしかるべきであります。将棋界ではあまりにプロ棋士の権威主義が強すぎるのであります。ゆえにこそ、ズル熊のようなくだらない将棋ばかりであっても、ファンの声が届かず、将棋界は腐朽していくばかりなのであります。将棋界を自由化せよ!

 さらにズルカスオンでは、奨励会制度について取り上げておりました。わたくしが改めて感じたのは、プロ棋士への道があまりに狭き門であることであります。必要以上に狭き門だからこそ自由な発想が失われ、プロになってもズル熊ばかりするような心の縮こまった人材しか育たないのであります。もっと門戸を広げ、逆にヘボ棋士やズル棋士をさっさと引退させ、普及(腐朽であってはならない)に専念させるような制度を作ってはいかがでしょうか。現状では一生懸命がんばっている奨励会の子どもたちがあまりに気の毒であります。現行の奨励会制度は子どもの人権を侵害しているとしかいいようがない!

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいである。ズル熊は即時全面禁止せよ!!!

 撲滅!撲滅!ズル熊!ズル熊!棒銀!棒銀!革命!革命!勝利!勝利!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/290-ff4f46c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。