わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ振り飛車ズル熊討伐に総力を挙げよう!
 現代将棋界の二大敵は何か?言うまでもなく、居飛車ズル熊と振り飛車ズル熊であります。わたくしが現下の情勢をつぶさに分析・検討いたしましたところ、「振り飛車ズル熊粉砕闘争に全力を傾注することこそが、すべてのズル熊の撲滅をめざす上でもっとも戦略的に有効である」との結論に到達いたしました。それは何故であるか、以下、簡潔に述べたいと存じます。

 わたくしはこの夏、全国遊説の旅に出かけ、現在もその途上にあります。わたくしは昨夜、遊説先のある地方都市における支持者との懇談の場で、「羽生名人が広瀬王位に相ズル熊で完敗した」との衝撃的な報告を受けました。「これでまた振り飛車ズル熊が蔓延する。将棋界はもうお終いなのか」とショックを隠せない様子の支持者が多かったのでありますが、わたくしはしばらく考え込んだ後、「これはズル熊撲滅の大きなチャンスが来たかもしれない」と発言いたしました。多くの支持者はわたくしのこの発言に意外な顔をしていたので、わたくしはその場でていねいに説明させていただいた次第であります。ズル理論を深く学習したわたくしの支持者の集まりにおいても、多くの質疑が行われたところでありますので、ここであらためて整理したいと存じます。

 将棋界の第一人者、羽生名人が相ズル熊で敗れたということは大きな意味を持ちます。これまでは、「相ズル熊は居飛車がやや有利」との見方が有力であったわけであります。しかし、羽生名人が敗れたことにより、この定説に対する疑問が広がるでありましょう。そして、羽生名人本人も、タイトル奪取に向けて重大な決意を迫られることになるでありましょう。これすなわち、振り飛車ズル熊に対する急戦の断行であります。かつて羽生名人は、藤井竜王とのタイトル戦においても、ズル熊ではなく、衝撃の棒銀を採用することで、シリーズの流れを我がものとし、タイトルを奪取したことは記憶に新しいところであります。いよいよ追い込まれた今回も、この時と同様の決断をする可能性があります。これすなわち、ズル熊に対する急戦であります。それぐらいのことをしないかぎり、この流れは止められないとわたくしは見ております。勝負師=羽生名人は必ずや驚愕の打開策を示してくるに違いありません。

 振りズルに対する急戦は、「勝ちにくい」の一言で、今日では見向きもされないのが現状であります。わたくしもかつて、振り飛車ズル熊に対する山田流などの急戦は無理筋であるとの前提で、いわゆる「万歳システム」を発案したという経緯がございます。今は昔、もうお忘れの方もあろうかと思いますが、かつてわたくしは、この「万歳システム」を用いてアマ強豪のYY氏との激戦を制し、わがズル理論の正しさを証明したという次第であります。しかし、本当に急戦はダメなのかというと、確たる結論は出ていないはずであります。

 これを裏付けるのが、先日ご紹介した加藤一二三名人の棋譜はむろんのこと、「将棋世界」9月号81頁の藤井竜王の発言であります。中でも、藤井竜王は以下のように発言いたしました。

 「(広瀬王位は)相穴熊は振り飛車不利という定説に立ち向かい、みごと王位を取ったでしょう。これで、もしもですよ、居飛車穴熊にしても居飛車をよくすることができなくなれば、振り飛車穴熊を阻止することを考えるようになる。となったとき、4九金型での斜め棒銀速攻とかなら、何とか阻止できるかもしれない、となる。つまり、広瀬さんの振り飛車穴熊がどれだけ活躍できるかということが、5七銀左復活のカギになるのかもしれません」

 この発言が念頭にあったこともあり、わたくしは「羽生名人完敗」の知らせに動揺することもなかったのであります。藤井竜王の発言を整理すると、「広瀬王位が活躍すればするほど、相ズル熊は居飛車有利との定説が揺らぎ、急戦が見直される可能性が高まる」のであります。まずは居飛車ズル熊が廃れる。そうして、仮に振り飛車ズル熊との闘いに急戦が勝利するならば、振り飛車ズル熊もまたなくなります。すなわち、すべてのズル熊の消滅であります。

 わたくしは、「ズル熊の禁止」をルール化するとの原則を堅持しつつ、最近はズル熊撲滅運動、すなわち実戦でのズル熊討伐にも力を注いでまいりました。それは、ズル熊の禁止をルール化するには、既得権益を守りたいズル熊党の強い抵抗を覚悟せねばならず、相当な困難が想定されたからであります。しかしこのズル熊討伐闘争もまた、ズル熊党の熾烈な抵抗を受け、長い間、我が陣営の孤独な闘いを強いられていたことは否めないところであります。

 かような意味において今日、ついにプロ棋界をも巻き込んだズル熊粉砕闘争を推進する客観的情勢が芽生えてきたのであります。とはいえ、「振り飛車ズル熊に急戦は勝ちにくい」という現実の問題もありますし、振り飛車ズル熊党がその存亡をかけて、総力を挙げて抵抗してくることでありましょう。この闘いはかつてなく熾烈なものとなり、長期化する可能性もあります。しかし我々は、この闘いに負けるわけにはまいりません。この闘いに敗れるようなことがあれば、将棋界のさらなる衰退・死滅は不可避でありましょう。これは天下分け目の大決戦であります。必ずや勝利しなければなりません。否、必ずや勝利するでありましょう。真実と正義は最後には必ずや勝利するのであります。

 そして、この闘いは大変張り合いのあるものであります。端的に申し上げますと、振り飛車ズル熊党は例外なく悪党であります。振り飛車ズル熊党でまともな人間を見たことがあるか?一人もないではありませんか。振り飛車ズル熊粉砕闘争は、この憎き振り飛車ズル熊党を打倒する闘いでもあり、大変張り合いのあるものであります。大義ある闘いであります。この闘いに負けるわけにはいかない!

 広瀬王位の名誉のために申しますと、広瀬王位は好青年ではないかと私は思います。なぜならば、広瀬王位は決して振り飛車ズル熊ばかりやっているわけではございません。どんな将棋も強いのであります。ゆえに、人格がゆがむこともなく、立派なタイトルホルダーとして成長を続けているのであります。そうして今日、ズル熊の墓堀人として歴史的意義のある役割を果たそうとしているのであります。広瀬王位は後世、将棋を救済した英雄として高く評価されるでありましょう。

 ズル熊撲滅闘争に必ずや勝利しよう!!!前進!前進!粉砕!粉砕!革命!革命!勝利!勝利!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
それはあんまりです
加藤名人万歳さん、私はこれまであなたの発言を大目に見てきましたが、今回のこの文章はあまりにひどいのではないでしょうか。振り飛車穴熊党の方も大切な将棋ファンではありませんか。「例外なく悪党」という証拠がありますか?ないでしょう。根拠のない誹謗中傷はおやめになるべきではありませんか?
【2011/08/25 23:24】 URL | モアギル博士 #- [ 編集]

自作自演はやめろ
またカトバンの自作自演だな。猿芝居はやめろ!
【2011/08/27 01:13】 URL | パパラッチマン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/288-0026a189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。