わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズル熊のない世界を!
 菅首相は自身のブログにおいて、次のように述べております。

 私は4日前の記者会見で、「脱・原発依存」を指し示しました。政府方針決定の前に私個人の考え方を明かしたことを批判する声も聞きますが、まずトップが方向性を示すのは、当然のことです。昨年、オバマ大統領はプラハでの演説で、「核兵器の無い世界を追求する」と、《将来の世界が目指すべき方向》について大統領の考えを述べられました。同様に私が「原発が無くてもやっていける社会を目指す」と言明したのも、《将来の日本が目指すべき方向》について総理大臣の考えを述べたものです。

 全くその通り!まずトップが方向性を示すのは当然のことだ!この一文からは、菅首相のまことに力強い決意が伝わってまいります。わたくしもまた、ズル理論最高の理論家として、「ズル熊の禁止」という将棋界のあるべき方向性を示させていただきました。そのことで、菅首相のように「議論が不十分」だとか「具体性に乏しい」などという難癖をつけられたことはございません。オバマ大統領もしかりであります。

 このように、ズルリカのオバマ大統領は「核兵器のない世界」を追求し、我が国の最高指導者=菅首相は「原発のない世界」を追求し、そしてこの不肖加藤名人万歳は「ズル熊のない世界」を追求しているという次第であります。ところでオバマ大統領は富裕層に対する増税という素晴らしい提案を行ったがために、ズル勢力の猛反発を受けております。菅首相とわたくし加藤名人万歳もまた、ズ最ル勢力の執拗な攻撃に直面してまいりました。世直しを推し進める三者は、それぞれに困難に直面しているところであります。しかしながら、真実と正義は必ずや勝利するでありましょう。ともに力を合わせ、世直しへの歩みを進めてまいります。前進!前進!革命!革命!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 ズル熊禁止か、それとも将棋の滅亡か。二つに一つだ!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
身の程を知るべきだよ
自分をオバマ大統領や管首相と同列に置くなんて、気が狂ってるよ。身の程をわきまえるべきだよ。それに、オバマ大統領を「オバカ大統領」だなんて、駄洒落にしてもタチが悪すぎるよ。即刻発言を取り消すべきだよ。
【2011/07/18 16:21】 URL | 青木 #- [ 編集]


たしかに貴殿のおっしゃることにも一理ございます。わたくしに並び称されるべきお二方でございます。きちんと、「オバマ大統領」「菅首相」と表記を改めました。ご指摘ありがとうございました。
【2011/07/21 22:38】 URL | 加藤名人万歳 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/277-d64be96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。