わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下記はわたくしの偽物であります
 下記はわたくしの偽物であります。我が陣営内の一部過激派がわたくしを陥れようとして仕組んだ攻撃であります。わたくしは引退など一切考えておりません。子どもにズル熊を教えるとはとんでもない!このことはわたくしが繰り返し論じてきたところでありますから、改めては言いますまい。

 さて、管首相は2次補正と公債特例法案、さらには再生可能エネルギー促進法案の成立を「一定の目処とする」ことを表明いたしました。これは「退陣表明」では一切ありません。また、この三法案が成立しないかぎり、堂々と続投することを宣言したということであります。

 これに対し、与野党問わず批判が噴出し、与党内の離反も相次いでいます。さらにはマスコミの攻撃も激化しております。まさに四面楚歌の管首相でありますが、そう簡単に最高権力者の座を明け渡してなるものかという気概を感じます。我らが亀井静香補佐官とともに、誰が何と言おうと一切無視して、行き着くところまで権力の座にしがみついていただきたいものです。がんばれ、管首相!

 このように力強い指導者をかつて見たことがない!これで自公民三党の「信頼関係」も完全に崩壊し、わたくしがもっとも恐れていたズル連立も遠のきました。これは管首相と我らが亀井代表の偉大な功績であります。後世において高く評価されることでありましょう。

 執着!執着!権力!権力!革命!革命!勝利!勝利!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
自作自演はやめろ!
自作自演の茶番はやめろ!
【2011/06/30 23:37】 URL | 闇の老人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/273-39abdcac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。