わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズル勢力の陰謀とは何か
 わたくしの住所の最寄り駅には、駐車違反の自転車が多く止められております。そのためなのか、周辺には警備員がうろついていて、自転車を違法駐車しようとする人に対して注意しております。一見、これは当然のことであるかのように思われます。しかし、それは大間違いというものであります。ここにこそ、ズル勢力の陰湿かつ遠大なズル計画がかいま見えるのであります。そもそも、駐輪場をわざと不足させた上で取り締まりをしているのが問題でありますが。

 このところ、違法駐車の取り締まりがズル会社に委託され、取り締まりが厳しくなったことが問題になっております。取り締まりというもともとズル察が行っていたことを、ズル会社の金儲けの種としてばらまくことによって、このような問題が起こったのであります。ズル察もズル会社も同じズルであることに変わりはありませんが、この場合、ズル会社の方が我々にとってより大きな被害をもたらしていると言えましょう。また、ズル察にとっても、このようなズル会社が喜ぶようなズル業務をズル会社に委ねることで、他のより悪質なズルに専念できるという寸法なのであります。

 ところで、このところ、飲酒運転などの取り締まりが厳しくなったことが問題になっております。飲酒運転はたしかに悪いことでありますが、何故に飲酒運転をするに至ったのかという視点が欠落しているのであります。すなわち、ズル会社が善良なる民をこき使い、いじめ抜いているために、酒でも飲まないとやってられないということなのであります。要するに、ズル勢力は、自らのズルを隠蔽するために、飲酒運転の取り締まりを強化し、いたずらに個人の責任をあおり立て、善良なる民が互いにいがみ合うようにしむけているのであります。

 さらに問題なのは、飲酒運転に限らず、このところさまざまなところで重罰化の傾向が強まっていることであります。これもまた、ズル勢力が、将来のズルを見越して行っているということを、わたくしは断言するものであります。

 世界ズル勢力の総本山=ズルリカでは、刑務所までズル会社が経営しているそうであります。したがってズルリカでは、受刑者が減ると刑務所が倒産するため、犯罪が減ってしまうと困る、よって、刑罰も重くするというズルシステムが確立しているのであります。そうしておけば、ズル察はどんどん善良なる民をつかまえては刑務所にぶち込み、ズル会社は大儲けをすることができるという寸法なのであります。日本もまた、ズルリカの後を追って刑務所業務を次第にズル会社に売り渡しつつあります。

 駅前の自転車放置、違法駐車の取り締まりの強化、「犯罪」の重罰化、刑務所のズル会社への売却等々は、このようにつながっており、全体としてズル勢力がしくんだ周到なズル計画なのであります。しかしわたくしの目はごまかせません。

 これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>これらの諸問題を解決する道はただ一つ。ズル熊の全面的即時禁止であります。

この問題と穴熊は何の関係があるのですか?
【2007/02/27 23:54】 URL | 大長今 #- [ 編集]

穴熊禁止の理由
チャングムさんわかってないなーw。穴熊ってゆうのはね、あらゆるズルが集約された形なのですよ。穴熊をじーっと見てください。ズル勢力の魑魅魍魎としたうめき声が聞こえてはきませんか?。現代社会においての、ズル勢力の縮図が穴熊なのです。
私が愛してやまない将棋が、そのようなズル勢力によって、
ズルの蔓延に使用される事態には、大変な憂慮を覚えます。
なので、即刻穴熊を中止し、ズル勢力から将棋を取り戻さねばならないのです。
【2007/02/28 18:51】 URL | 終盤の魔術師 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/26-346b297c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)