わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「現実主義」の欺瞞に惑わされるな
 「現実的でない」
 ズル勢力とマスコミは、都合が悪くなるとこの決まり文句を使います。これによって人々は現状の改善を「非現実的」としてあきらめ、思考停止状態に陥り、ズル勢力の支配が守られるというわけであります。ズル勢力にとって都合のよい「現実」が「現実的である」とされることで、ズル勢力にとって都合の悪い事実が見逃されるというわけであります。

 今回の大震災により、原子力発電所がいかに人々の命と健康を脅かすものであるかが明らかになったという次第であります。しかしそれでもズル勢力とマスコミは「原発をなくすのは現実的でない」とし、大多数の人々もこれを信じていることが統一地方選挙によって明らかになるという次第であります。後半戦の結果を見るまでもなく分かり切ったことであります。選挙によりズル勢力の数々の施策が信任されたことになり、ズルが大手を振ってまかり通ることになるだけなのであります。

 しかし、命と健康ほど大切なものはないという最も肝心な「現実」が忘れ去られてはいないのか。命と健康をまもるという願いが「非現実的」だと言うのか!?ズル熊党による理不尽な人権侵害が行われている現状が「現実的」だというのか!?そんなことは断じて認められない!

 「原発がなくなると電力が不足する」とズル勢力は言います。それに対して我々はきっぱりと「電力などいらない」と言ってやろうではありませんか。蝋燭で生活すればよいのであります。現に江戸時代はそうしていたのであります。江戸時代に帰ればよいのであります。ついでにズルリカなど国際ズル勢力とも一切手を切り、鎖国とすべきであります。ついでにズル熊も禁止だ!最低でも振り飛車ズル熊は断固禁止だ!ズル熊党の中でも特に振りズル党は悪質だ。振り飛車ズル熊党にまともな人間などいるのか?そんな人物など見たことがない!禁止だ!断固弾圧!

 原発は直ちに停止せよ!禁止!禁止!勝利!勝利!革命!革命!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/237-d615be56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)