わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ズル熊を奨励するな!
 わたくしはある子ども将棋教室を視察いたしました。ある子どもは「入玉戦法」と称して玉自らが先頭に立って出撃し、連戦連勝を収めておりました。まさしく軍神のごとき戦いぶりで、わたくしはたいへん感心いたしました。

 ところがであります。これを見ていたあるズル熊党普及指導員が香車を一つあげて「玉のいるべき場所はここだ」と将棋盤の隅を指さしました。これに対しこの子どもは「僕は穴熊なんか指したくない」ときっぱりと拒否しましたが、「うちの教室では初心者でも皆穴熊を知っている。好き嫌いはよくないよ」とさらにズル熊を勧める発言を繰り返しました。また、ある子どもが「こんな囲いもあるよ」と矢倉囲いを作ると、ズル熊党は「さらに固くしよう」と香車を上がり、玉を9九に置きました。

 まことに許し難い暴挙であります。不正義を嫌って何が悪い!普及指導員がズル熊を奨励するとはとんでもない!直ちに解任せよ!百歩譲っても、「普及指導員」などと名乗らせてはならない!「腐朽指導員」とすべきであります。ズル熊を蔓延させ、将棋を腐朽させるからであります。

 子どもへのズル熊蔓延をねらったズル熊党のあらゆる策動を許すな!ズル熊が子どもに蔓延したら最後、将棋は滅びるぞ!子どもが不正義を行うなら世界が滅びるぞ!断じて許すな!前進!前進!革命!革命!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
黙らっしゃい!
俺様のことを言ってんのか?穴熊を教えて何が悪い!穴熊!穴熊!勝利!勝利!
【2011/03/27 22:53】 URL | anaguma #- [ 編集]

しかたがない
ウチでも子どもたちに穴熊を教えています。そうしないと他の教室の子に穴熊をされて即負けとなり、将棋に嫌気がさしてやめていってしまいます。私としても穴熊を教えるのは本意ではないのですが、他教室はそのままでウチだけ穴熊を教えないわけにはいかない。商売だから仕方ないのです。
【2011/04/02 12:31】 URL | とある指導員 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/231-f30cda05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)