わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



革命の原点を忘れるな
 わたくしはこのほど、リビアに行ってまいりました。当初のわたくしの予測とは異なり、リビアが大変な内戦状態となっております。カダフィー大佐の革命理論は議会制民主主義の否定と土地の共有化等、わたくしの理論と一致する部分も多かっただけに、大変残念な思いがございます。わたくしの知らぬ間に、革命の原点を忘れたかのような実態があったようであります。それゆえに、ズルリカなどズル勢力につけ込まれることになってしまったのであります。革命の理念を実行していたならばこのようなことにはならなかったであろうに。なんということか!

今回の中東・北アフリカの政変を受け、ズル勢力は自らの支配体制の強化に向けて、さらなる洗脳工作を仕掛けてくることでありましょう。「これらの国々は独裁体制だ。ズルリカと我が国は議会制民主主義国家で自由が保障されている」などと。しかし我が国は議会制民主主義であるがゆえにこそ、独裁政権とは異なり、どんなに理不尽な悪政であっても「選挙で選ばれている」と正当化され、幾千万のどんなデモが行われようともこれを無視することもまた正当化されるのであります。選挙など行えば行うほど状況はさらに悪化するだけであります。選挙の「審判」を受けたとしてズルが大手を振ってまかり通っているズル知・ズル古屋を見よ!ズル弁タレントあがりのズル阪もしかりであります。こんなものを「民主主義だ」「自由だ」などと言っているこれらの現実こそが、議会制民主主義がズル勢力独裁のための完全な欺瞞である何よりの証拠なのであります。

 革命の原点を忘れるな!ズル理論の原点を忘れるな!ズル熊は断固禁止だ!前進!前進!革命!革命!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
原点を忘れてるのは誰だ
ズル熊を禁止するなどとほざきながらズル熊を指しているのはどこの誰だ!リビアに行った?ウソつき!
【2011/02/27 06:18】 URL | ヤゾーロフ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/227-c7a6a86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)