わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



本日のNHK杯戦
 本日のNHK杯戦は羽生-佐藤の好カードでありました。しかも解説は我らが偉大なる指導者=加藤一二三名人というファンにとってはたまらない一戦となったという次第であります。戦形は佐藤名人のゴキゲン中飛車に羽生名人がズル熊を明示し、佐藤名人もまたズル熊に組んだために、相ズル熊となりました。わたくしはこの戦形で居飛車側を持って指すことが多いわけでありますが、振り飛車側に固め合いに持って行かれると、どうしても手詰まりになりがちでありました。ゆえに、羽生名人がいかなる作戦を立てるのか、興味深く観戦したという次第であります。

 駒組みが飽和状態に近づいたその時、羽生名人が▲4六飛という新手を指しました。わたくしはこれに驚きましたが、その後の展開を見ると、この新手自体が成功したとは言い難いようであります。局面は佐藤優勢と思われました。しかしながら、羽生名人が▲9三金とぶち込んで佐藤玉のズル城を消滅させるとにわかに局面が紛糾してまいりました。そしてついに羽生勝勢がはっきりいたしました。ここが不思議なところであります。しかしその後の佐藤名人のがんばりも見事でありました。最後はあわや逆転かというところまで追い上げました。本局はゴキゲン中飛車における相ズル熊の熱戦譜でありました。ただ、居飛車側の作戦については今後に課題を残したと言えましょう。

 こんなことになったのもすべてズル熊のせいではないか。ズル熊は即時全面禁止せよ!!!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
貴殿の正体みたり!
<わたくしはこの戦形で居飛車側を持って指すことが多いわけでありますが、
日ごろから言っていることとやっていることが違うではないか!!
<羽生名人が▲4六飛という新手を指しました。わたくしはこれに驚きましたが
ズル熊の指し手に驚くとは何事だ!!
<本局はゴキゲン中飛車における相ズル熊の熱戦譜でありました。
貴殿が転向者であることははっきりしたな。加藤名人もまたズル熊の既得権益の海に溺れてしまったわけだ。ズル熊に賛成も反対もない。粉砕あるのみだ!!!


【2011/02/20 22:53】 URL | マミー原田 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/225-420ba7e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)