わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



早急に幕引きをはかるべきだ
 マスコミは「白鵬8時間半引き籠もり」などと題し、次のような不当な報道を行っております。

 「大相撲の横綱白鵬(25)が18日、所属する都内の宮城野部屋で非公開の朝稽古を行ったが、その後は部屋に“引きこもり”、異例の時間を過ごした。日本相撲協会で八百長問題の実態解明を進める特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授、79)が前日、都内で白鵬の付け人を務める三段目光法(29)から聞き取り調査を行ったばかり。横綱の周辺にまで及ぶ八百長問題で、一気に緊張が高まる。」

 そもそも「引き籠もり」などと報道すること自体、マスコミの思い上がりであり、厳しく非難されるべきであります。すなわち、「俺に会わないからおまえは引き籠もりだ」と言っているようなものではありませんか。こんなおごり高ぶったマスコミに相撲協会と力士を批判する資格はない!直ちに報道を中止せよ!

 とはいえ、マスコミの攻撃の矛先は、ついに角界の頂点=白鵬に向けられました。マスコミは本気で相撲協会をつぶす気のようであります。相撲を楽しみに見ているお年寄りや子どもたち、相撲取りをめざす子どもたちの楽しみと夢を奪うつもりなのであります。マスコミは「最近の子どもたちは夢を持っていない」などと批判いたしますが、そんな世の中に誰がしたのか。我が国を今日のように殺伐とした夢も希望もない社会にしてしまったのは、他ならぬズル勢力とその手先=マスコミではありませんか。そうして今日、さらに相撲界をつぶし、多くの人々の夢と希望を奪おうとしているというわけであります。こんなことが許されてなるものか!ズル勢力とその手先=マスコミ・特別調査委員会から相撲界と伝統文化を守れ!

 仮に白鵬が一定の人情相撲を行っていたことが判明したとしても、不問に付すべきことは当然のことであります。そもそも、「八百長」などという一方的な決めつけを行うこと自体が誤りであります。ライバルや友人に場合によっては一定の配慮を行うことは、むしろ人間らしい営みであります。したがって、「八百長」という言い方はやめて、「人情相撲」と呼称を改めるべきであります。ごくごくわずかばかりの人情相撲を行っていたからといって、白鵬の偉大な努力と業績全体を否定するようなことは決して行うべきではありません。その他の力士についても同様であります。力士は皆、日々の厳しい稽古に一生懸命励み、本場所に臨んでいるのであります。このこと自体をすべて否定するような極論は慎むべきであります。相撲協会非難で異様に沸騰する世論にも、現状では一定配慮せざるを得ないとしても、処分は必要最小限のものとすべきことは当然であり、解雇などの不当に重い処分は一切行うべきではありません。
 
 そもそも今回の問題の発端は、個人情報の不当漏洩であります。そうして、その後の調査についても、携帯電話の提出を事実上強制するなど不当な人権侵害と一体のものであり、本来は直ちに中止すべきものであります。個人のプライバシーの侵害を伴う調査はそもそも行うべきではないのですから、任意での携帯電話の提出を拒まれてそれ以上の調査ができなかったというのであれば、それは仕方のないことであります。「分からなかった」で済ませればよいことなのであります。よって、ある程度調査が進んだ段階で確たる証拠が出てこないのであれば、早急に幕引きをはかるべきであります。このままマスコミの攻撃に押されて、「疑わしきは罰せよ」の方向に流れるならば、えん罪を生む危険性さえあります。マスコミがそのような攻撃を仕掛けてきたとしても、相撲協会はこれを毅然として拒否すべきであります。また、相撲界独自の伝統を否定するような組織改革が、どさくさに紛れて推し進められようとしていることについても警戒が必要であります。相撲界の改革は、相撲界が自律的に行うべきことであり、ズル勢力が現代ズル社会の価値基準を押しつけるような筋合いのものではありません。相撲協会はマスコミやニセ相撲ファンらの不当な圧力に屈することなく、組織と相撲界、伝統文化を守ることに全力を挙げるべきであります。そのことは決して間違ったことではなく、我が国の伝統と文化を守る大義ある行動なのであります。放駒理事長の指導力に期待するものであります。

 こんな人情のかけらもない世の中になってしまったのはなぜか?すべてズル熊のせいであります。ズル熊は即時全面禁止せよ!

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/223-f41ccc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)