わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒銀がダメだと誰が決めた?!
 わたくしはこのほど、ある地方都市で開催された小学生の将棋大会を視察いたしました。同志の報告によると、「この都市にはズル熊党が多く、ズルの弊害が子どもたちに幅広く広がっている。深刻な事態である」とのことでありました。わたくしはこの報告を重く受け止め、急遽、会場を訪れたという次第であります。

 まずは会場を一回りしてざっと盤面を見て回りましたが、小学生の大会ということもあり、さすがにズル熊はそう多くはなく、ひとまずはほっとした次第であります。わたくしが観戦した将棋もまた、相掛りの棒銀の将棋でありました。両対局者の雰囲気から、両者とも少なくとも初段以上の実力者と見られましたが、棒銀の子どもの強烈な攻めが決まり、勝ちきりました。意外にあっけない展開に、わたくしは意外に思うと同時に、「いったいどうしたことか。もしやこれが同志のいう"ズルの弊害"なのであろうか」との思いがよぎりました。

 とその時であります。観戦していた大人(ズル熊党)が、こともあろうに「棒銀なんか適当に受け流せばいいじゃないか。どうしてまともに受けようとするんだ?」と棒銀を受け損なった子どもに話しかけました。すると子どもは、「相手が棒銀で来たときには“もう勝ったも同然”と思ったんだけどなあ」と言いました。

 わたくしはハッといたしました。これこそが子どもたちを蝕むズル熊の弊害であり、ズル熊党の害なのであります。子どもはズル熊党とは違って、「適当に受け流す」といったズルな指し方は困難なのであります。こうしたことを無視し、ズル熊党が誤った指導を行っているがゆえに、子どもたちは棒銀を軽視し、それに対する正確な対応を学んでいないのであります。元々有力な棒銀は、こうした子どもたちの「免疫力の低下」もあいまって、より猛威をふるっているというわけであります。この傾向は、対振り飛車のズル熊が蔓延したことでさらに拍車がかかりました。すなわち、ズル熊に囲う展開になれば力を発揮できても、相掛りのような玉の薄い将棋ではとたんに実力が落ちてしまう子どもたちが激増したのであります。なんたることか!

 ズル熊の蔓延により、「どんな戦法に対してもしっかり考える」という基本的な姿勢が子どもたちから失われつつあるということであります。ズル熊党が、「大人の悪い見本」をその言動によって示しているのであります。ズル熊党は今日、このように子どもたちに害を及ぼし、このように将棋界の将来に悪影響を及ぼしているのであります。もはや一刻の猶予もございません。ズル熊とズル熊党、ズルシステムはただちに全面禁止せよ!!!

 それでは皆さん、日本将棋連盟に向かってシュプレヒコールを行いますのでご唱和をお願いします。

 日本将棋連盟はズル熊を禁止せよ!
 プロ棋士はズル熊をやめろ!
 ズル熊党から子どもたちを守れ!
 棒銀は有力だぞ!
 プロ棋士は棒銀を指せ!
 ズル熊党はデマ宣伝をやめよ!
 加藤一二三棋聖がんばれ!
 我々もズル熊撲滅まで戦うぞ!戦うぞ!戦うぞ!
 
 どうも、ありがとうございました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/222-ecf183f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。