わが闘争 ~それでもズル熊はズルい~
こんにちは、加藤名人万歳であります。私がズル理論を提唱して、はや10年になりますが、未だズル勢力は巨大であります。しかしながら真実は必ず勝利するのです。ともに手を携えズルと闘おうではありませんか!
プロフィール

katoban

Author:katoban
職業:職業的革命家
所在:ボリビア
座右の銘:祖国か、死か!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7勝7敗の相手に勝ちを譲るのがそんなに悪いのか
 わたくしが再三にわたり報道の中止を求めたにもかかわらず、大相撲の「八百長」報道がますます加熱しております。大変残念なことであります。そうして多くの国民もまた、この問題の本質=国家権力による個人情報漏洩・暴露に気づいておりません。さらに重大なことは、マスコミのインタビューに対し、「7勝7敗の力士は千秋楽で必ず勝つでしょう。八百長はあるんじゃないかと思っていました」といった趣旨の回答が目立つことであります。

 相撲協会という組織に所属する力士は、互いにライバルであると同時に仲間であります。ゆえに、自分が勝ち越して事実上の消化試合となっており、相手が7勝7敗で勝ち越しがかかっているとなれば、多少気が緩んでしまうのも人情というものであります。それがそんなに悪いことなのでありましょうか。

 7勝7敗の力士が勝つことにこのように厳しい意見が出るということは、今の社会がますますギスギスとし、他人への思いやりを軽視する殺伐としたものになっていることを象徴しております。こんな社会で果たしてよいのか?

 こんな社会にしてしまったのは誰のせいか?ズル熊とズル熊党、ズル勢力であります。これらはすべて禁止し、国外追放とすべきであります。

 我らが偉大なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが親愛なる指導者=加藤一二三棋聖万歳!!!
 我らが輝ける希望の星=加藤一二三棋聖万歳!!!
 革命未だならず。同志奮起せよ!!!!!!!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zuruguma.blog81.fc2.com/tb.php/218-2c416a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。